「理想の高さに」 えみ

6月13日

*フラダンスの練習、衣装考案
 
 今日は1日中雨が降っていたこともあり、午前、午後と父の日に向けたフラダンスの準備時間がありました。
 これまで練習してきたダンスの練習に加え、装飾や衣装、MCで読み上げる紹介文などもこの時間の中で考えました。
 
ダンスは、みんな振り付けはほとんど覚えられた段階まできていて、今日は細かいところをみんなでぴったり合わせる練習をしました。
 2列に分かれて鏡の前に並んで立ち、やよいちゃんに正面から見てもらって、目線、手の向き、位置、タイミングなど気になるところを1つひとつ修正していきました。
 腰を動かす感覚はすこしずつつかめてきたけれど、注意するポイントが増えれば増えるほどどこに意識を集中すればいいか分からなくなりがちです。
 お昼の集合でお父さんが言っていたように、ダンサーに「なりきる」気持ちで軸だけはぶらさないように、これからもっと形にしていきたいです。
 振り付けも大事だけれど、まずは表情をつくることが自分の中の課題です。

 やよいちゃんと練習させてもらうと、毎回やよいちゃんの持っている理想の高さに驚かされます。
 揃えるポイントがすごく細かくて難しいと感じることもあるのですが、どれも根拠があり、「人に見せる」ことを第一に考えている気持ちが伝わってきます。
 誰も嫌な気持ちにさせずにリーダーシップをとれるやよいちゃんがかっこいいなと思います。
 自分もやよいちゃんの考える理想に少しでも近づけるように練習を頑張りたいです。

 私は装飾の方に入らせてもらって、やよいちゃんとよしみちゃんと一緒に髪飾り用のハイビスカスをお花紙でつくりました。
 YouTubeで調べたのですが、作り方はすごくシンプルなのに完成品は可愛くて、みんなにも好評でした。
 まだ数個しかできていないので、また空いた時間などに進めて全員分作り終えたいです。

 午後の後半にはパソコン室で衣装考案をする時間がありました。
 私はパソコン室にはいったのは今日が初めてだったのですが、部屋いっぱい衣装で埋め尽くされていて夢が広がる空間のようでした。
 私は衣装を着させてもらい、ただ立っていただけなのですが、みんなが「これいいね、かわいい!」などとすごく喜んでいて本番にみんなで着られるのが楽しみになりました。
 夜はお父さん、お母さんが外に出られていて集合がなかったのが少し残念でした。
 でもその分夜の時間が長く感じて色々なことができて嬉しかったです。
 
 読んでいただきありがとうございました。