「楽しく極める」 ななほ

「楽しく極める」ななほ

6月12日 金曜日

 昨夜は編集の日で、フラダンス練習やお花の写真で今日のなのはなを作らせて頂きました。
 のりよちゃんとちさとちゃんがダンスのカメラを撮ってくれて、とても嬉しかったし、みくちゃんが生けてあるたくさんの花の写真を撮ってきました。
 私も朝食後に、キャベツのかん水を見に行くついでに、原1畑、ニンニク、ゴーヤ、オクラなどを見てきたのですが、どの畑も雨でグンと成長していて、誇らしかったです。
 また、夕方も少しお散歩がてらカメラを持って、畑を見てきたら、みくちゃんや園芸部さん達がお花を摘んでいるのが見えて、自然と足がユーノス畑の方に向かっていました。

 そこには花が咲いたばかりの鮮やかな桔梗。赤やピンク、マーブル模様のある可愛いカーネーション。
 雨で下を向いているけれど、1つ1つの花びらがくっきりとしたダリア。もう一度、 スイートピーという名の、絹さやの花にもあったような気がして嬉しくなりました。
タチアオイも赤紫や、ピンクに白。私の背丈ほどあるものもあったり、矢車草やポピーも最後の力を振り絞って、可憐に咲いていました。
 思わず写真を撮っていたのですが、雨粒で身体を濡らした花々の、切なくて、上品で、悲しげだけれど、力強くちゃんと生きて、咲いている姿に涙が出そうになりました。

 編集も8時半にはほとんど完成して、ちさとちゃんやのりよちゃんに「ななほちゃん、日に日に早くなっているね!」と言って貰い、
 もう一通りは自分でできるようにはなったのですが、アップするのに時間が掛かるので、次回はそこをしっかり覚え極めたいと思います!

 

・雨の日の一日

 今朝はギター練習の後、昨日の続きで宮本輝さんの「蛍川」を読み進めました。
 ラスト20ページまで読んだのですが、どうしても最後まで読むのが寂しい気がして、もう少し時間をかけて世みたいなと思います。
 また、午前は桃のネット修繕のリーダーを任されて、ひろこちゃんと一緒に進めました。
 目標設定をし、30分で向かい合わせの人と行きつき、ダブルチェックまで行うという形で作業をしたのですが、開始から25分ごろに雨が降ってきました。

 どうしても最後まで終わらせたくて、あと5分だけと祈る気持ちで作業をしたら、雨も本降りになってしまったのですが、ネット修繕も無事に終わりました。
 最後、針をきちんと数え、道具も終い、ひろこちゃんと2人の人と私の4人で、ネットの収納まで行ったのですが、久しぶりの土砂降りで、全身がビショビショになりました。
 雨も強く、一瞬にして、洋服が絞れるくらい濡れたのですが、ムカムカジメジメとした暑さから解放されて、気持ち良かったです。

 その後は桃花作りをして、私は組み立てをさせて頂いたのですが、以前よりも綺麗にできて嬉しかったし、いかに中心を小さく、美しく、1つでも綺麗に見える桃花を作れるか極めるのが楽しかったです。
 午後は丸めの工程に入らせて頂き、流れ作業で正方形カットから、折り、丸め、組み立てと進んで行くのが嬉しかったです。
 途中でちさとちゃんと2人でキャベツの収穫に出たのですが、4玉収穫した所で、また土砂降りが降ってきて、2度目のシャワーとなりました。

 ちさとちゃんと笑いが止まらなくなって、こんな雨の中、キャベツを収穫して、猛ダッシュで車に乗り込む、背の低めな2人はこの世に私たちだけしかいないんじゃないかなと思いました。
 ちさとちゃんと収穫できた時間が嬉しかったし、かん水と雨のお陰で、キャベツが柔らかく、大きくなっていて、とても嬉しくなりました。
 途中で帰って来てしまったのですが、また洋服を着替え、桃花作業に戻り、時間が充実していて良かったです。

 今日は私とのりよちゃんでカメラを回っていたのですが、私は桃花の花しか撮っていなくて、のりよちゃんに感謝だなと思います。
 でも後半に組み立てをしていた人たちの、ベストオブ桃花を集めて、桃花の写真撮影ができて、気持ちが明るく、楽しくなりました。
 私は何かを極めたり、何かをすると夢中になり過ぎてしまう事に気が付いたのですが、やっぱり桃花が可愛くて、どんどん好きという気持ちが増えていき、偶には夢中になるのもいいなと思いました。

 今は梅雨で畑に出られないのですが、梅雨前にやりたい作業は一通り終えていたので、安心して梅雨を迎えています。
 多湿の影響で野菜の病気だけは心配なのですが、オクラもゴーヤもキャベツも、雨で大きく大きくなっているし、雨の期間はダンス練習や楽器、読書などもゆっくりできて、偶には雨もいいなと思うし、なのはなファミリーにとっては恵みの雨となっています。