6月13日(土)「イメージを形に ――フラダンスショーに向けて衣装考案――」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月13日のなのはな

P6130027

来週のフラダンスショーに向けて、
各チームでは衣装考案やダンス練習、小道具の制作など着々と準備が進んでいます。
全14曲で構成される今回のフラダンスショーは、衣装や演出、背景なども1から創ります。
この日は1日を通して、1チーム1時間15分衣装考案の時間が設けられ、
チームのみんなと事前に考えた衣装の案を基に、衣装考案を行いました。 なのはなファミリーの衣装ルームには、歴代のウィンターコンサートやイベントの衣装が
綺麗に並べられ、部屋に入った瞬間にワクワクした気持ちになりました。
私のチームには男の子メンバーもいて、男女ペアでお揃いのチャームポイントを身に付けたり、
フラダンスなのでアロハシャツやパレオも登場し、部屋の中がとても鮮やかな色で包まれました。
P6130037
〈牡蠣殻で作った牡蠣殻ネックレスも首元を飾ります〉
 
衣装考案は、1回で2~3チームで行い、衣装の配色を考えたり、組み合わせや
小物などのアイテムを取り合わせる時間もとても楽しかったです。
フラダンスと言えば、お馴染みのフラスカートやお花のレイを中心とした衣装が多いのですが、
それぞれの曲によって、大きく印象が違い、衣装の色も形もバリエーション豊富です。

P6130041 2

パレオをスカートの様に撒いてみたり、帽子に小物を取り付けてみたり、
チームによってカラーが違い、その場にいるだけで明るい気持ちになりました。

また、土曜日でお仕事組さんたちも一緒に家族みんなで準備が進められるため、
衣装考案の他にも、演出やMCを考えたり、チームによっては背景や寸劇を取り入れたり、
小道具や小物を手作りしているチームもありました。

P6130016

P6130004
〈カエルをモチーフにした振りの『トード・ソング』のチームは、 カラフルな傘を活かして、ステージを飾ります!〉

P6130047

フラダンス曲は、歌詞の1つひとつの意味があり、歌詞とダンスの振りも共通している部分が多いです。
小鳥たちを起こさないように、指を1本立てて口元に充てる振りや、
植物が根を張り、茎をのばし、花を咲かせる振り。
海藻摘みや、ご挨拶の振りなど、踊っていても可愛らしく、とても楽しいです。
ダンス練習をしていると、至る所からフラダンスの穏やかで上品な曲や、
明るく元気が出るような曲、みんなのコーラスなども聞こえてきて、
家族みんなでフラダンスを踊り、ショーに向けて準備を進められる時間が嬉しいです。
P6130043

いよいよ、フラダンスショー本番まで1週間を切りました。
限られた時間を十分に使い、レベル高く、見せる意識を持って、
踊っている側の人も、見ている側の人も楽しめるショーにしたいです!

(ななほ)