「達成感を味わって」 えみ

6月8日 えみ

*ササゲの元肥入れ
 早朝作業の時間にはこれからササゲを植え付ける予定の三枚の畑に牛肥をまきました。まきちゃん中心でそのほかに8人ほどしかいなかったのですが、スムーズに進んですべて終わらせることができ、すごく達成感がありました。
 畑の大きさによって何分割かに区切り、てみをバケツリレーでどんどん一列に置いていく人と撒いていく人とで分かれるやり方でやっていったのですが、毎回元肥入れをするたびにみんな慣れてきていて作業効率も上がっているように感じます。
 最後は山畑に行ったのですが、山畑西のスイートコーンがわずか2日ほどでぐんと生長していて驚きました。前回病気の葉つみをしたときには雄穂がわずかに出かかっていたぐらいだったのに、今日見ると葉の間から突き出ていました。草丈も順調に大きくなっていて病気に負けない強い株に育ってほしいなと思いました。

*白大豆の追肥、土寄せ
 午後は3時半から7時まで大人数で白大豆の追肥と土寄せをしました。この間定植したばかりの白大豆の根元に、牛肥を高さ3センチのロッキー山脈を作るイメージで撒いていきました。白大豆の畑は全部で4枚、今日はプラスでえごまと黒大豆にもやったので全部で6枚の畑をまわりました。人数が少ないとかなりきついけれど、大人数だとかなり効率よく回ることができました。まえちゃんがリーダーだったのですが、やり方をひとつに決めてしまうのではなく、畑の大きさや人数、進行状況などによってその都度ペアを作ったり、1人ずつ撒いていったりなど変えていて、的確に指示してくれたので自分たちもやりやすかったです。そんな風に瞬時に判断できるまえちゃんがすごいなと思いました。
 最初の予定では追肥まで終わればいいぐらいだったそうなのですが、作業が早く進んで第一鉄塔畑の土寄せまで時間に余裕を持って終わらせることができました。
 今まで、私は大人数作業に入ると変に焦ってしまい、終わってからすごく疲労を感じることが多かったのですが、最近になってみんなで沢山の作業を効率よく終わらせられたときの達成感が気持ちよいと感じるようになりました。

 土寄せ後、時間が少しあまっていたのでスイートコーンの液肥やりのヘルプに入らせてもらいました。山畑西に上がる坂の途中に、濃いピンク色のタチアオイが綺麗に咲いていて、見られたのが嬉しかったです。みほちゃんからタチアオイがてっぺんまで花を咲かせると梅雨が終わる、ということを教えてもらって面白いなと思いました。今日はまだ真ん中くらいだったので来週雨の後にもう一度見てみたいです。
 液肥やりが終わるとすでに6時55分近くでした。歩いて古吉野まで帰ると夕食に間に合わなそうだったので、一緒にいたりなちゃんとみほちゃんとジョギングで帰りました。1日作業をして疲れているはずだったのに足は不思議と動いてくれて、うっすらとかいた汗が気持ちよかったです。
 4月のフルメニューの時には走るのは結構きついと感じていたけれど、体力がついてどんどん体が動くようになっているのが嬉しいです。