「新システム」 ななほ

6月6日 土曜日

 少し前のことになるのですが、キャベツの収穫が本格的に始まり、なのはなファミリーの食卓にはキャベツの鮮やかな色があります。
 今年のキャベツは、誰もが「今まで見たキャベツの中で一番キレイ」という位、とても立派で自慢のキャベツです。
 炒めてもサラダにしても、お味噌汁やスープの中に入っていてもとても甘くて、シャキシャキしていて、またみんなと収穫をしたり、ゲストさんにプレゼントできるのも楽しみだなと思います。

・サマータイムスタート

 今日からサマータイムが始まり、朝起きてすぐ、玄関下に向かいました。
 お仕事組さんやリュウさんと迎えるサマータイム。今日は大人数での水やりからスタートしました。
 私はひろこちゃんとオクラ・ゴーヤの水やりをしたのですが、とてもスムーズに進み、20分程度で新いいとこ畑の大人数の水やりのヘルプに行きました。
 畑に着いたらビックリ。私たちが早すぎてしまい、まだ誰の姿もありません。

 丁度、ジョーロを2つ持っていたので、最初に水やりを始めていたのですが、気が付いたら畑の半分を2人で水やりをしていました。
 すると、エゴマの水やりを終えたみんなが到着して、みんなで黒大豆の水やり。ついつい、自分が植え付けた場所を見てしまうのですが、しっかり根付いていて安心しました。
 全体の作業がスムーズに進んだため、その後はなのはなのアスパラ畑の草取りをし、それでも時間が余ったのでゴボウの草取りをしました。
 さすが大人数の力。どの作業も早く、効率よく進み、リュウさんの掛け声にも元気を貰います。

 2時間作業をしたところで、朝食を頂き、その後は畑の細々作業。
 この時間で各野菜の担当の人達が、自分の担当の野菜の見回りや、誘引・土寄せ・整枝などの手入れを進めます。
 私はこの時間がすごくいいなと思っていて、担当の人が詳しく、細かく、優しく自分の担当野菜に向き合い、作業をしてくれて、きっと野菜も喜んでいると思いました。

 そして、その後はシエスタをして、あまり眠れなかったのですが、疲れが溜まっていた気がして丁度良かったです。
 アセスメント演奏に向けてのダンス練習も、少し寂しい気もしたのですが、チープスリルズを頑張りたいし、シャンデリアを踊れるのも嬉しいなと思いました。
 午後はお父さんとお母さんのお話を聞かせて頂いたり、畑の見回りを1時間して、phも測ることができて良かったし、桃の水やりも3000リットルと量も多かったのですが、2時間の間に全ての水やりを終わらせることができて良かったです。

 今日は一日カメラを持って、畑を回り野菜の写真を撮ったり、キャベツ畑でひなのちゃんとひろちゃんに会ったり、桃も大きくなっていて嬉しかったです。
 野菜のマンガン不足については、私もゴーヤに関してはまりこちゃんも教えてくれて分かっていたのですが、マンガンが無い都合で、何か代わりになるものをとしか考えていませんでした。
 だから、マンガンか硫黄を与えたいなと思ったし、ゴーヤの葉脈が濃いのも、オクラの葉が白くなるのも、マンガン不足だなと確信しました。

 今、ゴーヤとキュウリに実がつき始めていて、今日はキュウリにグアノを置き肥し、誘引や草取りなどをしました。
 また、ゴーヤの誘引も少しずつ進めていたり、摘芯も明日にできたらなと思っています。