「大人数の力」 ななほ

6月5日

 白大豆の定植ラッシュから始まり、黒大豆も定植され、今は水やりが盛んになっています。
 高低差のホースで水やりをする場所もあれば、みんなでジョーロを両手に持って水やりをする水やりツアーもあり、家族みんなで畑に出られるのが嬉しいです。
 梅林奥の元肥入れも大人数ですればあっという間で、私は以前、6人でヨウリンやマグネシウムなど20キロ肥料に加え、牛肥と鶏糞を何袋も梅林奥に運んだことがあり、大人数の力を感じて、さすがなのはなファミリーだなと思いました。

 大人数で行うと、1人あたりに動く範囲も少なくなり、一度に進む作業の量も多く、とても効率が良いです。
 一昨日のアスパラ畑の草取りでは、マクワウリ派とトウモロコシ派で分かれて、私はトウモロコシ派のリーダーをしていたのですが、掛け声を「コーン」、「大物!」「トゥモローコシ」、「アスパラありがとう」などにして、とても楽しく、1時間ほどで11畝全てのアスパラ畑の草取りができました。

 また最近は草取りツアーがあり、私もナス・ピーマン・パプリカ・キュウリを回り、今日で粉雪姫カボチャとエビスカボチャという名のボスを退治して、人参11畝と九条ネギの畑の草取りもできました。
 改めてなのはなの畑は多いし、本格的だなと思い、遊び心を持ちながら、良い野菜、良い作業を目指して、常に頭と心を使って行動したいと思いました。

 この数日間の間、白大豆を2枚の畑、黒大豆を1枚の畑に植え付け、毎日水やりをしたり、山小屋の水やりや草取りツアー。
 1日の中でも6枚以上の畑を回る事があり、とても充実しています。
 明日からは新しいシステムで、早朝作業やチーム担当細々作業、夕方は全員で水やりなど、担当野菜の人達も不満なく、楽しく作業ができそうで楽しみです。

 私は1日、朝から夜まで畑作業組のメンバーなので、しっかり頑張りたいし、最後まで諦めずに、常に精いっぱいで向かっていきます。
 オクラが元気になっていたり、ゴーヤとキュウリの実が大きくなっていたり、カボチャ類も順調で、夏野菜が楽しみです!