「大人数作業」 えみ

6月3日

*大人数作業
 午前中は、大人数でまず梅林奥畑のこれから白大豆が植わる畑に牛肥をまいた後、昨日定植した白大豆の水やりをしました。この間までレタスがたくさん植わっていた畑なのに、もう他の作物にバトンタッチというのが信じられません。すこし寂しい気持ちもあったけれど、また別の野菜の生長が見られると思うと楽しみです。
 
 白大豆の苗は、昨日は暑さで若干くたっとしているように見えたのが、今朝は葉までぴんと張っていて元気そうでした。中にはまだか弱い株もあったので水やりをするときに心の中で「元気になってね」と声をかけてあげました。
 水やりには半日かかる予定だったみたいなのですが、大人数でやると1時間半あまり残して終わらせることができました。あまった時間では、下町川のアスパラ畑の草取りをしました。立茎を始めてからまだ1度も入ったことがなくて、アスパラを見るのは久しぶりでした。立茎中のアスパラガスにはちょうど花も咲いていて、クリスマスツリーのようで可愛らしかったです。何本も並んで生い茂っているので小さい森のようにも見えました。
 
 草取りは1人1スパンずつ入って追い越し方式でやりました。この時、のりよちゃんの案でトウモロコシチームとマクワウリチームの2つに分かれました。1人ずつ自分のスパンの草取りが終わるごとに、「次入ります!」と言い、それに続いてチームのみんなで「コーン!」とか「なりくら!」など掛け声を言いました。掛け声も時折かえたりして、みんなで盛り上がりながら進められて楽しかったです。なんと草取りが全畝終わってもまだ30分近く時間が残っていて、古吉野に戻ってからやよいちゃんたちのAチーム作業も手伝うことができました。大人数の力って本当にすごいです。