「念願のゴボウの草取り」 えみ

5月31日

 今日は久しぶりの雨でした。最近ジャガイモの土寄せや畝たてなど割と体を思い切り使う作業が続いていてかなり疲れていると感じていたので、ゆったりと過ごせたのが少し嬉しかったです。

*Cチーム作業
 私は午前、午後共にCチーム作業に入らせてもらいました。
 大玉トマト、ミニトマトの脇芽摘みと誘引からはじまり、ハウス内の銀色の寒冷紗を外したりゴボウの草取りをしたりと、畑が忙しくてなかなか作業としては入れられなかったことがたくさんできました。

 昨日の夜のCチームの集合で、れいこちゃんから大玉トマトは今直径7センチほどになっていると聞いて驚いたのですが、今日ハウスに入ってみるとたった1週間ほどで本当に実が急激に大きくなっていました。私は個人的に脇芽摘みや誘引の作業がすごく好きです。脇芽が残ってしまっているのはあまりいいことではないけれど、特に大きくなっている脇芽を見つけると、発見できたことに喜びを感じます。

 午後にはゆきなちゃん、みほちゃん、さきちゃんと念願のゴボウの草取りをしました。最近ゴボウに黒斑病と思われる病気が広がり始めていたこともあり、少しでも環境を良くしてあげたいと思っていたので作業希望が通って嬉しかったです。雨で土が濡れていたので雑草もすごく抜きやすかったです。黙々とやっているとあっという間に時間が過ぎていきました。草取りし終わった畝を振り返ると毎回見違えるようにきれいになっていて、それがとても気持ち良いと感じます。黒斑病は多湿が原因だとも書かれていたので、今回の草取りで少しでも改善されるといいなと思います。

 
 最近は日記を書かないとと思ってもなかなかパソコンを開く気になれない日が多いです。今日の集合でお父さんが話されていたことが、自分にも当てはまると思いました。考え事や悩み事は文章で書きながら整理すること。人に相談するときにも二択まで絞るなどして相手に何をしてもらいたいのかをはっきりとさせること。私は、何か思うことがあってももやもやのまま頭の中にためてしまい、人に何か相談するにも相手に話を進めてもらうのを待ってしまう傾向があると思います。書きながら考えることは、今はすごく難しそうに思えるけれど、これから練習をして頭の中での考え事をうまく人にも理解してもらえる形で伝えられるようになりたいなと思いました。