「うなぎとり畑の菊」 あやこ

5月27日

 一週間前に、菊に硝酸カルシウムの液肥をやりました。一週間たった今日、改めてそのうなぎとり畑の菊を見て見たら、『先端枯れ症』の症状があったものが、まったく無くなっていました。かつては、全体的に茶色がところどころ目立ち、元気がないように見られた畑が、緑緑して元気になっているようにも見えました。これほど効果が顕著に感じられて、面白いくらいです。本当によかったです。カルシウム不足だったんですね。
  その横に、新たに今年の挿し芽の第1弾から3弾までを定植しました。挿し芽に失敗したものもあって、若干数が少ないのですが、何とか定植できてよかったです。まだ第4弾が残っていて、その4弾ももう少し根が出たら定植します。第4弾は結構うまくいきそうで期待できるので、たくさん苗が作れそうです。

 先日からまりこちゃんが一緒に菊の作業をしてくれるのですが、まりこちゃんと一緒だと、サクサクと事が進むし、心強いし、とても嬉しいです。
 グラウンドの朝顔も、日ごとに出ている芽の数も増えていくし、出ていた芽も大きくなっています。花や野菜が大きく生長していくことって、嬉しいことだとすごく思います。

 今日は午前も午後(途中まで)も草刈りをして、たくさん草刈りができて、とても気持ちが良いです。
 短いですが提出します。お休みなさい。