「まっすぐなきれいな気持ち」 るりこ

5月25日(月) 

○田んぼ
 お父さんの代掻きが進んでいるようで嬉しいです。まえちゃんが、田植えまであと3日くらいだと言っていました。石生田んぼも昨日一昨日の休日で、一気に田植えが進んでいたようで、景色が大きく変わっていました。なのはなはみんなで手植えをするので、また家族みんなで田んぼに入れることが待ち遠しいです。

 

5月26日(火) 

○どれみちゃん
 どれみちゃんのお誕生日でした。夕食にはどれみちゃんが帰ってきてくれていて、みんなでお祝いができてよかったです。

 わたしはどれみちゃんが大好きです。どれみちゃんがいてくれる場所には、いつも心強さと安心があると思いました。
 なのはなが大好きで、いつもなのはなのため、誰かのために動いている、どれみちゃん。お仕事に行くようになってしまってからでも、どれみちゃんは心をなのはなに置いていると感じます。夕食後、気がつけばどれみちゃんが洗いのヘルプに入ってくれていたり、お仕事に行くまでに朝食当番に入って配膳を手伝ってくれていたり、休日には畑や台所で真摯に仕事に向かっている、どれみちゃんの姿があります。それはとても自然な動きで、すっとみんなのなかに溶け込んで、自分がやるべきことを淡々と向かっています。そして風のように去って行って、「ありがとう」を言わせないどれみちゃんは、本当にみんなの小さなスーパーマンです。見返りや評価を求めない、ただただ真っ直ぐなきれいな気持ちだけで真面目さを崩さないどれみちゃんを尊敬します。

 どれみちゃんは力強くて、パワフルです。今、毎週月曜と金曜にソフトバレーを一緒にしていて、毎回、どれみちゃんのファインプレーには驚かされます。まるでどれみちゃんが2人いるかのようにコートを走り回り、慣れていない子の分まで、自分がカバーするという心意気でボールを追いかけるどれみちゃんが格好いいです。それでいて点数を取っても大喜びするわけでもなく、爽やかな笑顔で仲間とハイタッチをしているどれみちゃんの表情を見るのも好きです。
 先日の泥んこ相撲で、よしえちゃんと組んでいるどれみちゃんも強かったなと思います。

 近頃はどれみちゃんがお仕事に通うようになってから、一緒に作業をする機会も減ってしまったけれど、お風呂などで会うと、ついつい声を掛けてしまいます。何だかんだで、どれみちゃんと配膳だったり朝食当番、田んぼの見回りチームも一緒だったことがあって、どれみちゃんといると楽しいこと、嬉しいことが起こりそうで、何かを伝えたくなります。どれみちゃんが、「今日は何をしてたの~?」と聞いてくれることもあって、その日行なった作業から小さな出来事まで、どんなことでもどれみちゃんは、「うんうん」と相づちを打ちながら、時には大きな笑い声を上げて笑ってくれます。どれみちゃんと話しをする時間が好きです。

 優しくて、勇気があって、力持ちで、みんなを楽しませるユーモアもあって、そしてさっぱりとしたどれみちゃん。どれみちゃんが夏も冬も、明るい笑顔でお仕事に通う姿がみんなの希望だなと感じます。
 どれみちゃんのことを思うと嬉しくなります。どれみちゃんが大好きです。
 お誕生日、おめでとうございます。

 

○フラダンス練習
 午後から来月のフラダンスショーに向けて、チームごとにダンス練習をしました。
 わたしは、ちさとちゃん、まみちゃん、みくちゃん、ゆきなちゃんと、『カイオナ』を踊らせていただくことになりました。ちさとちゃんが、「わたしのフラダンスのデビュー曲なんだよ」と教えてくれて、とってもすてきな曲なんだと話してくれました。
 
 ちさとちゃんは優しいです。本当に、優しいです。
 「るりこちゃんがいてくれて嬉しい」
 そう、何度も言ってくれました。ちさとちゃんはいつだってそうだと思いました。目の前の人を大切にして、思いやれるちさとちゃん。例えわたしがどうであろうと、ちさとちゃんは変わらずに接してくれます。ちさとちゃんの笑顔と掛けてくれる言葉、作ってくれる空気のなかにいたら、自然と笑顔になりました。あぁ、楽しいな、と心から思いました。

 初めて、『カイオナ』を聴きました。とてもゆったりとしていて、大きく包み込んでくれるような、温かみの深い曲だと感じました。ゆりかちゃんが用意してくれた歌詞も読みました。『カイオナ』は女神の名前。道に迷ったものに手を差し伸べて、あるべき方へ道案内をしてくれる女神のことでした。
 この曲は、歌詞の意味とダンスの振り付けが大きく重なっていて、歌詞を思い出せば振りも思い出せる。だから、曲を聞き込むのはもちろん、歌詞も何度も読み返して、覚えるくらいに理解したいと思いました。

 今日は1番から4番、そしてサビ、つまり全部の振り入れをしました。
 1番1番はそんなに長くありません。そしてとても素敵な決まった振りで次へと移り変わります。
 ちさとちゃんが繰り返し、丁寧に教えてくれました。ちさとちゃんの踊る姿、目線を見ていたら、本当にこの曲が好きなんだなということが伝わってきました。ちさとちゃんが本当にきれいでした。

 (この振り、気に入った!)と思う、振りがいくつかありました。まだ見覚えだけれど、大方は身体に入りました。とても優しい動きです。
 後半からは、1番をみんなで細かく詰めていきました。
「人数が少ないから、よく見える。だから1人ひとりの振りを細かく揃えよう」
 と、ちさとちゃんが前から見て、手の高さから目線、動きタイミング、手の幅までを細かく揃えてくれました。まみちゃんは首筋がすっと伸びていて、姿勢がきれいでした。まみちゃんに合わせて揃えました。

 とても幸せな時間でした。一度で、(この曲好きだ。気に入った)と思いました。そしてちさとちゃんを初めとする、このメンバーのなかで踊らせてもらえることもとても嬉しいです。人数は少ないけれど、それを感じさせないくらい、見ている人を大きく包み込めるような空気を会場いっぱいに広げたいです。
 衣装のことも少し話しました。この曲を踊るのは二度目だけど、また新しい衣装を考案して、新しい『カイオナ』にできたらと思います。

 体育館、リビングでも、みんなが楽しそうに、嬉しそうに練習をしていました。ようやく6月、7月、8月、夏のなのはなが戻ってきたようで、ほっとしました。
 そういえば、朝食の席でまえちゃんがホタルが飛び始めていたことを話してくれていました。今年もみんなでホタル狩りに行けたらいいなと思います。

 今日もありがとうございました。