「みんなに優しい畑作りを」 ななほ

5月25日 

 夜の集合でゴーヤの事を聞かせて頂けて嬉しかったです。
 ゴーヤは今、第1弾が30センチ以上になり、第2弾も25センチを超えているものが殆どで、葉も大きくなり、ピンとしています。
 でも、5月15日・16日に降った大雨からずっと、病気が続き、何度か防除チームさんにも相談させて頂いていたのですが、中々OKが出ず、玉ねぎネットを外してからは被害も少なかったのですが、最近、また病気が広がって来ていました。

 全体的に斑点最近病のような斑点のある葉があり、葉の縁から茶色く枯れて来ていて、お父さんや防除チームの人など何人もの人に「元気だから大丈夫だよ」と言われていたのですが、あまり納得できていませんでした。
 また、作業をリーダーさんに頼んだのに、入っていないことも多々あり、自分で作業希望を入れて、防除希望なども勝手に入れていたのですが、本当は勝手に入れてはいけなかったと知りました。
 でも、お父さんに「ななほが担当のリーダーだから入れていいよ。」と言って頂いて安心したし、この前、まえちゃん達にゴーヤの事で少し反抗して、泣いたのですが、その後悔と反省も今日で吹っ切れました。
 ずっとまえちゃんに申し訳ないなと思っていたのですが、まえちゃんがいつもと変わらない笑顔で、畑の相談をしに行ってもいつも好意的に教えてくれるので、やっぱりなのはなファミリーなんだなと思いました。

 ゴーヤの事に戻るのですが、夜にお父さんが教えて下さったように、明日に防除をしてくれることになって、ホウ酸ペーストも設置したいと思います。
またウリハマンションも作れ次第、畑において、ゴーヤがより元気に成長したらなと思いました。
 それと水やりもずっとしていなかったのかなと思い、今日は朝に見回りをし、お昼と夕方も合計1時間ほど畑にいて、色々とじっくり観察できて良かったです。
 土を掘ってみると、培土がカラカラに乾燥していたので、思わず水やりをしてしまいました。
 水やりチームからは見回りや個人的に水やりをしてはいけないと言われていたのですが、少し反抗的な気持ちだったので、手が動いてしまいました。

 また、ウリハムシの被害も徐々に出始めていて、早め早めに対策をして生きたいし、防除の件も今で良かったなと思います。
 茎枯れ病はアスパラの病気みたいに、黒い点々の模様があったので、このまま放っておくと枯れるだろうなと思いました。
 他にも観察をしていると、アリがアブラムシの汁を吸って、ゴーヤを行き来していたり、今ゴーヤにはワタアブラムシが来ているのですが、この前防除会議でOKが出なかったので、ホウ酸ペーストが聞いたらなと思います。

 ゴーヤの事で頭がいっぱいになりがちなのですが、気持ちを落とさずに、今は桃に向かいたいし、今日も桃の袋掛けを進められて嬉しかったです。

 桃の袋掛けは、個人的に難しく、しっかりしようとし過ぎると時間が掛かるし、逆に早くすると、甘くなりがちです。
 指に力を入れ過ぎて、親指の平と付け根がじんじんとするのですが、段々と慣れてきて、場所も位置も袋のかけ方も多分、良くなってきているので、明日は時間を意識したいなと思います。
 でも私は付けすぎてしまう傾向にあるので、良い実を選ぶけれど、選びすぎないようにしたいし、「全部好き」から「全部好きだけれど、これよりもこれ!」と潔く選びたいと思います。
 変な日記になってしまったのですが、やっぱり畑は楽しいなと思います。

 「どうして私は担当なのに、全部決められてしまうんだ!防除もしたいし、作業も入れてほしい、私が無理でもよしみちゃんは入ってほしい!」という強い気持ちも良い意味で薄れてきて、ちゃんと担当者として育てるけれど、任せる時は任せて、みんなに優しい適切な畑作りをしたいと思います。
 夜の集合でしゃべり過ぎてごめんなさい。今日も一日ありがとうございました。