「もっと本が読めるように」  よしみ

5月18日

○本の整理
 午後になると雨が降ってきて、室内でできる作業を進めました。私はゆいちゃん、やすよちゃん、ななほちゃん、なつきちゃん、ちせちゃんと一緒にリビングにある本の整理をさせていただきました。リビングにはお父さんの本を置くということで、お父さんの本には赤いテープを貼って図書室の本と混ざらないようにしたいとゆいちゃんが話してくださり、その一手間をすることでこれからもきちんと本が綺麗に整頓できるんだなと思うとすごくやる気が出てきました。

 リビングの本棚には沢山の本があり、全ての本を出して「あいうえお順」に並べる作業はとても大変でしたが、まだ全然読んだことがない本がいっぱいあるということが分かりビックリしました。タイトルと表紙を見ていくだけでも興味をひかれる本が沢山あって、今すぐにでも読みたいくらいです。
 ゆいちゃんは本にすごく詳しくて、整理しながらオススメの本や著者の人のこと、本の扱い方などいろいろ教えてくださりました。今日、本の整理をさせていただけたことで本に対する興味が今までよりもかなり出てきました。私はみんなよりも本が読めていないと思うので、この機会にこれからもっといろいろな本を読んでいきたいです。

○あゆみちゃん
 夕食後にお父さんのお話を聞いている時、なっちゃんが「お父さん!!産まれたって!!!」と言いながらリビングに超特急で来られて、私は最初、何のことか分からずポカーンとしていたのですがすぐにあゆみちゃんのことだということが分かりました。あゆみちゃんの赤ちゃんが産まれ、あゆみちゃんも元気だと聞かせていただけてとても嬉しかったです。
 新しい命の誕生は、なんとも言えないような幸せな気持ちになります。今はスタッフさんのあゆみちゃんも摂食障害から回復した1人だという話を聞かせていただき、私もいつか母親になれる時がくるのかなと考えました。卒業生の姿は私にとって大きな希望です。
 あゆみちゃんが赤ちゃんと一緒になのはなに帰って来てくださる日が楽しみだなと思います。