5月19日(火) 「播種から1週間! ー稲の苗の水やりー ◆すだれ作りが進む!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月19日のなのはな

P5190006

稲は元気にしてるかな? 
今日で播種をしてから1週間が経ちました。 
ミラシートのトンネルに隠れた稲の苗が、 
どうなっているのかワクワクしていて、 
ミラシートをはぐる日を楽しみにしていました。 

朝早く、みんなでじょうろを持って稲の水やりをしました。 
ミラシートをはぐるときは、 
宝箱を開けるかのようにドキドキしました。 
はぐると、トレー全体にびっしり詰まった苗が見えて、 
息をのむぐらい綺麗でした。 
播種のとき、種もみから1ミリほど芽が出ていただけなのに、 
それがこんなに鮮やかな緑の苗に育つなんてびっくりでした。

DSCN7273

みんなで1人1つじょうろをもって、 
トレーの横に並んで水やりをしました。 
シャワーヘッドをつけて、優しくやさしく水をやりました。 
少しでも水の量が違うと生育差が出るので、 
均等にすることも意識しながら、 
トレーに水の面ができるくらい、たっぷりと水をやりました。 
苗が水滴でキラキラ光っていて、とても綺麗でした。

DSCN7280
〈紫黒米の苗。葉の先端が黒いという特徴があります〉

 
紫黒米のトレーは、遠くからだと深い緑色に見えて、 
でもよく見ると葉の先端が 
少し黒色になっていて、面白いなと思いました。 
モチ米のトレーと並んでいたら、 
色のコントラストがはっきりしていました。

苗は、草丈5センチほどになっていて、 
まだ田植えするには細くて、 
1本1本が支えあうようにして伸びていました。 
これが、もっと強くなって、田んぼに植えられても 
ピンと立つ稲になるのだなあと思うと、 
これからの成長もとても楽しみだなあと思いました。

(りな)

    **●○●**  

      
今年の夏は日よけ対策として、根笹を使ってすだれを作っています。 
1日を通して、すだれ作りを進めることができました。

DSCN9995

すだれは3人1組で作っています。 
2人が編み、編んだところからもう1人が根笹を1本1本置いていく、 
というシンプルかつ効率的な方法です。 
今は、支柱の上に取り付ける、長さ1メートルのすだれを作っています。

午前はメンバーが10人だったので、3ペアで進めました。 
みんなのスピードもどんどん上がっていくので、 
私は根笹が切れないように補充をしたり、完成品を運んだり、 
最近、播種をした稲の方に笹が散らばらないように掃除をしたり、 
意外と忙しくて時間はあっという間に過ぎていきました。 
約2時間だったので、みんながとても良いペースで進めてくれて、とても嬉しかったです。

午前の最高記録は、1本6分半という驚異的なタイムでした。 
今までの平均は13分ほどだったので、聞いたときはすごく驚きましたが、 
もっとペースアップできるのだと思えて、午後に向けてさらにやる気が入りました。 
午前は、晴れたり、スコールのような雨が降ったり、おかしな天気でしたが、 
木の下で少し雨宿りをしながら、なんとか作業を続けることができ、安心しました。

DSCN9998

午後は、2ペアで進めました。 
午前の記録を元に、1時間で1ペア3本、 
つまり、3時間でトータル18本を目標にして始めました。 
かなりハイペースかなと思いながらも、 
「できる!」と信じてやり始めると、より力が沸いてきました。

私のチームは、新たな試みとして、 
役割分担をしてスピードアップを狙いました。 
根笹を何も考えずひたすら置いていく人、 
編みながらタイムキーパーをする人、 
もう1人は編みながら、 
根笹の先端と根元のバランスが良くなるように、 
根笹を置いてくれる人に教える人です。 
この方法はすごく効果的でした。 
根笹を置いてくれる人のスピードが3倍くらい上がって、 
編む方が追いつかないくらいになり、 
かつ仕上がりはとてもバランス良く綺麗にできます。 
やっていても、スピードに乗って 
どんどん編んでいけるので、とても楽しいです。 
すだれを作っているというよりは、 
何かの競技をしているような感覚でした。 
終いには、「○○選手、絶好調です!」というような声も上がって、 
本当にスポーツのようでした。 
そんな活気のある明るい空気ですだれ作りができて、 
とても楽しく、嬉しかったです。

午後の最高タイムは5分半で、また新記録がでました。 
完成本数は、目標よりも1本多く、19本が完成しました。 
今日1日を通して全部で37本のすだれが完成し、 
今までにない速さでたくさんのすだれができて、本当に嬉しかったです。

夏の猛暑から野菜を守るために、まだまだすだれは必要です。 
早く必要分のすだれができるように、 
これからももっともっと効率よく進めていきたいです。

(つき) 
 

    **●○●**

P5190004
〈桃の摘果をし、最終的につける実の数に絞っています。  硬核期に入る前に、明日も引き続き、摘果を進めていきます〉

 

桃のネットの修繕を行ないました。

桃の果汁を吸う、夜蛾の対策のネットで、 
桃の木全体を覆う、大きさがあります。

DSCN9988

 

  ***

雨上がりに、絹さやとレタスの収穫に行きました! 

DSCN7288
〈ゆず畑の絹さや『豊成』は、1日20キロ単位まで  収量が上がっています!〉
DSCN7301
〈『うすいエンドウ』 は、今季最高の約7キロ採れました!  畑にはまだまだたくさんの莢が鈴なりについていて、  これからますます収量が上がる見込みです!〉