「グットニュースを見つけられたら」 もえ

5月16日

○インターバル速歩
 朝の作業の1番初めに、BGM付きのインターバル速歩をしました。
 私は、朝一番に速歩をした日は、いつもより調子がいいなと感じます。
 速歩をした日としていない日はコンディションが全然違うので驚いています。

○桃花作り
 作業の初めに、私たちが作った桃花がどのように桃の実に添えられているかの写真を見せていただきました。
 見せていただいたことによりイメージがとても湧くようになったことが嬉しかったです。
 ひと手間心をかけることが、人を喜ばせることに繋がるんだな、と思いました。

○ダンスの基礎練習
 今日、初めてダンスの基礎練習に参加させていただきました。すごく楽しかったです。
 アセスメントで見せていただいたみんなのように踊れるようになりたいです。
 表現することって楽しいんだろうな、と思いました。

○夜の集合
 お父さんが野菜は目をかけ続けることが大切、目を離した途端ダメになる、子供と一緒、とおっしゃっていて野菜作りと子育ては全然違うようで本質は似ているんだと思ったら面白いな、と思いました。
 また、肥料を効果的に与えるのに、軽石を使用して微生物を増殖させて効果を上げる、というお話が興味深かったです。
 私は、物事をマニュアル通りにしかできないので、決まりきったことを考えなしにやってしまうのではなく、「この栄養を与えたいから、どのように効果的に与えるか」というように応用的にものごとをとらえて、知恵を結集させて試していくことを今後意識したいと思いました。
 野菜は、心の目で見ることが必要で、毎年同じようにやるのではなく少しずつ毎年進化させていくことが大切であるとのことでした。
 ちゃんと野菜を見ていたら何が必要かわかる、というのが面白いし、自分もいつか野菜を見るだけで、野菜が何を欲しているか分かるようになれたらいいな、と思いました。

 昨日、つきちゃんに「日記が書けない」と相談したら日記を書いたら自分の変化に気づけるし、たとえポジティブに思えていなくてもポジティブは後付けでいい(なんとなくポジティブな文章を書くうちに本当に現実の自分が追い付いてくる)ということを教えてもらいました。
 そしたら、日記が格段に書きやすくなりました。
 私は日記がうまく書けないのも、食事のコメントをいつもパスしてしまうのも、自分は何も感じていないから言うことがないんだと思っていました。
 でも、毎日できるだけ日記を書くことを目標にしたら、日記に書くこと(グッドニュース)を日々の生活の中で自然と探すようになると思いました。
 たとえが微妙ですが、野菜の害虫チェックをしたとき、本気で「見落とさずに虫を全部見つけるぞ!」という心意気で臨んだときは、本当にたくさん見つけられました。
 グッドニュースも、見つけるぞ!という心意気で生きていたら見つけられるようになるのだと思いました。
 私は、人と話すことが苦手で、本気で話題がないと感じて生きてきました。
 グッドニュースをたくさん見つけられるようになったら人と共有したくなると思うし、人と楽しい話ができるようになるのでは、と期待しています。