5月16日(土)「歩いて歩いて歩く! インターバル速歩&ダンスの基礎練習」

5月16日のなのはな

 

DSC03011
歩いて、歩いて、歩きます。 
60人の家族で2列に並び、体育館のなかをぐるぐると、 
ひたすら歩き続ける30分間。 
お父さんが見つけた、最も効率良く体力をつけて、 
気持ちのバランスをとることができるトレーニング、 
「インターバル速歩」に、私たちは取り組んでいます。

3分間、猛スピードで歩き、 
次の3分間は、ゆっくりと歩く。 
それを30分間繰り返します。 
みくちゃんがBGMを用意してくれて、 
猛スピードの3分間は、激しいロックを聞きながら、 
攻撃的な気持ちで腕を大きく振り、ずんずんと進む。 
よし、こうしてはいられぬ。 
今日も何かやってやるぞ、という気持ちになります。 
私たちは勢いよく、たくましく、風を切ります。

  DSC03029

BGMが変わり、レディガガの『ザ・キュア』が流れると、 
ゆっくりと歩く3分間に入ります。 
つい先ほどまでとは打って変わって、 
穏やかな、ゆったりとした気持ちで歩きます。 
ほてった身体に恵みのような3分間。 
そうしてあっという間に、考える間もなく、 
猛スピードに切り替わり、急いで攻撃態勢に入り、 
前の人に遅れぬよう必死で歩きます。DSC03061

BGMに、これまでみんなと演奏してきた曲が流れて、 
速歩き、ゆっくり歩きを繰り返していると、 
ただ歩いているだけなのに、 
まるでみんなとゲームをして思い切り遊んでいるみたいに、 
面白くて、心が躍って、足のすねの前側の筋が張って、全身が熱くなります。 
こうして、私たちは手をつないで、強くなります。 
この勢いで、私たちの新しい一日が始まります。

(さやね)

        ***
今日は久しぶりの雨でした。 
普通は、雨たど外に出られないため、 
体を動かす機会が少なくなってしまうのですが、 
我が家には体育館かあるため、 
雨がザーザー降っていても 
思いっきり体を動かすことができます。

今日の午後の最初1時間、 
雨の音が響き渡る体育館で集合し、 
あけみちゃんとゆりかちゃん中心に 
ダンスの基礎練習を行いました。

お父さんとちさちゃんが設置してくれた 
ダンス用のスピーカーをかけると、 
雨の音を綺麗にかき消され、気分も上がりました。

DSC03118  
ここ最近「ダンスしたいな」と、 
みんなの声がたくさん聞こえていて、 
自分も踊りたい気持ちが強かったので、 
今日の午後の時間はプレゼントみたいで 
とても嬉しかったです。

最初の30分ほど、あけみちゃんが 
「アイソレーション」という、 
ダンスをする上での重要な動き方教えてくれました。 
アイソレーションとは、 
英語で「分離」や「孤立」するという意味合いがあり、 
上半身や下半身を 
分離したように動かす基礎的な練習です。

DSC03082

例えば、腰を振る時は、足をバネのように曲げて、腰と腹筋を名いっぱい動かしますが、 
上半身は一切ぶらざず、肩の高さは変えないようにします。 
胸を動かす時は、本当に胸だけ前後し、腰やおしりの位置は変えません。

かなり難しい技ですけれど、目の前に立つあけみちゃんの動きはとてもかっこよく、 
なるべくその姿に近づけるように意識することがとても楽しかったです。 
「ビートイット」や「バッドロマンス」に合わせ、テンポを上げたり下げたりしながら 
アイソレーションをすると体の中から力がわいていきました。

DSC03165

続いてはゆりかちゃん中心のフラダンス練習でした。 
フラは一見シンプルそうに見えますが、 
体中の筋肉を使う、かなりきついダンスです。

「アイハー」、フラを踊る時の土台の姿勢では、 
足を曲げ、腰を低くし、体重のバランスを保ちながら 
背筋を伸ばします。 
常にこの姿勢を保ちつつ、 
腰を振りながら移動することはとても難しいです。

さらに、手をつけ加えると、 
最初はすこし混乱せざる終えません。

 DSC03207
しかし、ゆりかちゃんや他のダンサーに合わせて、 
みんなで大きな波のように腰を左右に動かすと、 
みんなとつながっている感じがして、夢中になりました。 
フラの振りはシンプルそうでも、 
つま先から手の指先まで意識し、どこまでも厳しく、 
美意識高く踊らないと 
本当に成り立たないなと感じました。

(えりさ)

            ***

ハウスの三角メロンの摘芯と大玉トマトの誘引をしました。 
P5160011

P5160013

P5160025

P5160018 
<大玉トマトは液肥で復活し、 
早いものはもう実をつけ始めています>