「学んで」 えみ

5月15日 えみ

 今日は昨日とは打って変わって朝からすごく涼しくて、日中も作業しやすかったです。午後は途中から雨が降ってきてしまったのですが、午前中いっぱいは畑で沢山作業を進めることができて嬉しかったです。

*昨晩のソフトバレー
 なのはなに来て初めの頃は、正直夜のソフトバレーに進んで参加したいとは思えず、気分によって出たりでなかったりしていました。でもつい先週ぐらいから少し楽しいと思えるようになってきた気がします。今までは自分がボールに触るとチームの失点にばかりなっていて、すごく恥ずかしかったし、チームの人に申し訳ないとばかり思っていました。でも最近になって気持ちの方が少しずつ安定してきたのか、ボールを打つ手に力が入るようになりました。すると、不思議と前のように変な方向にボールが飛んでしまったりサーブミスをしたりすることが減ってきました。チームのみんなでボールをつないでそれが得点になるとすごく嬉しくて、試合に勝てるとまた楽しいと感じました。
 まだまだ技術不足でなかなか思うようにボールを取ることができないけれど、これからもっともっと上達していきたいです。

*野菜作り
 最近お父さんが集合の時などにしてくださる肥料やアミノ酸の話がすごく興味深いです。中学の理科やや高校の生物で植物のことについては何度か習ってきたけれど、実際に野菜を目の前にすると、自分がほとんど何も知らないということに気づかされます。
 お父さんにアミノ酸を溶かした水を野菜の苗にやってから定植すると害虫に負けない強い苗になるという話を聞いてから、ずっと疑問に思っていたことがありました。アミノ酸はタンパク質の材料になる物質だけれど、植物を構成している大部分は細胞壁の材料となる炭水化物です。だからアミノ酸をやったところで、それは植物の体の中でどう変化していき、苗全体が丈夫になることにつながるのか不思議に感じていました。
 今日調べてみると、アミノ酸肥料をやることで、植物が土壌からチッソ分を吸収するまでに使われるエネルギー(炭水化物)が節約されて、その分の炭水化物が植物の繊維の外壁を丈夫にしたりミネラルの吸収度、糖度、栄養価などをあげたりすることにつながると書かれていました。また、植物の根の生長を促進するのはタンパク質の役割で、アミノ酸には根を丈夫にする効果があるそうです。アミノ酸にはすごい力があるというのは実際に肥料として与えた野菜をみてわかったけれど、それが「どうしてなのか」、自分で調べて納得できる答えが見つかるとなお面白いなと思いました。
 少しずつでも毎日疑問になったことは調べてみて実際に使える知識として覚えておきたいです。私は畑についてまだまだ知らないことだらけです。でもいつかお父さんや畑のチームリーダーさんのように、野菜の状態を見て何が足りないのか、どう解決していけばいいのか考えられるようになりたいと思いました。