「スモモとの出会い」 りな

5月15日             

 朝食前は、レタスの嫁入り作業をさせてもらいました。前までは農産倉庫で梱包をしていたけれど、今日からは食堂横の中庭ですることになりました。畑から近くて、テントを張るとちょうどいい広さでした。ここに来ると、去年の夏にしたスイカ割りを思い出すなあと思いました。

 レタスの口には小麦粉がついていました。この小麦粉は、ウォークラリーのお白い族で使ったものだと聞いて嬉しくなりました。ちさとちゃんが、「小麦粉の中から飴が出てきたんだ!」と言ってくれて、そういえば、用意して使わなかった小麦粉を袋のまま縛るとき、飴を取り出すのをてっきり忘れていたことを思い出しました。でも、ラッキーな気分になったんだと言ってくれて嬉しかったです。

 午前の作業は池上畑の桃の摘果の続きに行きました。今年は3月が暖かくて、4月が寒かったから、実の付きがあまりよくないんだとあんなちゃんが教えてくれました。だから、摘花もリスクがあって、慎重にしないといけません。品種によって実の付きかげんとか、実のつける数が違うので、1つ1つ、あんなちゃんが見本を見せてくれました。

 畑によっても実の残し方が違いました。害虫の多い畑などでは、予備を作って多めに残しました。でも、間隔が近すぎると実が大きくならないので、予備の実を選ぶのも難しかったです。
 池上桃畑には、清水白桃や紅清水などの品種の桃がありました。紅清水の木は、幹が少し細いような気がして、南国の木のようでした。葉っぱがつやつやしていて、畑にいると、まるで違う国にいったような気分でした。

 桃は、大きいもので直径3センチぐらいになっていました。縫合線がもう見えていて、真ん丸になってきていました。あんなちゃんから、縫合線で分かれた左右の大きさは、6:4ぐらいで違うんだよ、と教えてもらったときはびっくりしたけれど、よく見ると大きさが違っていて、面白いなあと思いました。
 少し慣れてきて、これまでは葉っぱをかき分けて実を探していたけれど、ぱっと見て実のついている位置が分かるようになってきました。手も少し慣れてきて嬉しかったです。

 池上桃畑が終わったら、次は池上スモモ畑のスモモの摘果をしました。スモモ畑でスモモの実をまじまじ見るのは初めてでした。去年収穫させてもらったとき、小さい桃のイメージがあったのですが、スモモの実は桃の実と全然違って、まず産毛がなくてつやつや光っていました。また、桃は葉っぱや枝にしっかりついているけれど、スモモはサクランボのようにぶら下がっていて1つのところから4つも5つも出ているところがありました。

 色はまだ綺麗な緑色で、形は卵型をひっくりかえしたような形をしていました。何も聞いていなかったらスモモとは分からないぐらい、スモモの形とは違っていて驚きました。 スモモは桃のように摘花をしていないので、枝を実が多い尽くすように鈴なりについていました。その鈴なりを少し間引いて間隔を開けるように、摘果をしていきました。
摘果しながら、スモモの収穫していた時のことを思い出しました。今年も、誰かが収穫してくれるのかなあと思ったら、嬉しくなりました。
 スモモの木は、桃の木よりも枝がたくさんあって、木の下には大きい木陰が出来ていました。その中に入って摘果できたのがとても楽しかったです。

 摘果が1段落して、キャベツの手入れの作業に合流しました。滝川横の畑に行くと、みんなが追肥土寄せをしているところでした。
 私は鶏糞と化成肥料の追肥されたところを手で土となじませ、土寄せをしていきました。何回か滝川の畑で作業したことはあるけれど、その時よりも土が柔らかくなったような気がして有機肥料の効果なのかなあと思いました。
 しほちゃんが「中腰でやってください」と言っていて、中腰で作業しました。いつもは痛くなるけれど、今日は全然痛くなくて、インターバル歩きの効果がすごいと思いました。
 長い畝だったけれど、土寄せのリズムを心の中で唱えてしていたら、あっという間に端まで着いていました。
 キャベツは、とても大きくなっていて結球が始まっていたので驚きました。キャベツの収穫ももう少しなのかなあと思って、とても楽しみだなあと思いました。

 そのあと、少しだけ下町川のアスパラ畑の草取りに行きました。アスパラ畑に行くのは久しぶりで、畑に着くと、畝の上に長いアスパラがニョキニョキ生えているのが見えて驚きました。近くで見ると、立茎しているものもあり、もうこんな季節なのかと思いました。カラフルな輪ゴムがかけられていて可愛かったです。

 午後はアスパラの草取りの続きをしました。アスパラの畝には厚く牛肥が敷かれていて、ほとんど草は生えていませんでした。1人1スパンで入っていて、どんどん進んでいくのが楽しかったです。
 クローバーは、根っこが深くに這っていて、根っこから抜こうとすると途中でブチっと切れてしまうのですが、牛肥の層がしっとり柔らかく、根っこからずぼっと抜けてとても気持ちが良かったです。
 途中でパラパラ雨が降ってきたけれど、全ての畝の草取りを終えることが出来て、1畝だけ畝肩の草取りも終わらせられて嬉しかったです。
 帰りの道で、クローバーがたくさん生えているところに4つ葉のクローバーが密集して生えていました。とても綺麗な葉っぱで、ハッピーな気持ちになりました。

 明日は雨予報と聞いているけれど、出来ることを精一杯頑張りたいです。