「感じたことで動ける人生」 もえ

5月13日

 夜の集合
 質問に答えていただいて、ありがとうございました。「主体性をどう養っていけばいいか」という質問に、外に意識を向けて興味が湧いてくることやしたいことが出てくることを待つ、でひとまず良いと言っていただいて安心しました。また、主体性にこだわる必要がないということも分かり安心しました。また、本を読むこと(冒険物など)や利他心(自分のため、では限界がある。)、人を好きになることがよいとのことなので、実践していこうと思います。

 また、「作業が理解出来ない、上手くできない」という質問も出ていましたが、私も全く同じことを思っていたので、お父さんの答えをすごく興味を持って聞きました。お父さんは、
「今の世の中はできる振りをしないといけないことが多すぎる、できないならできないでいい、みんなにはそれぞれ能力の違いがあり、みんなに作業をうまくなってもらおうとは思っていない、上手くない人もいていい」
 という趣旨のことをおっしゃっていて、この答えにも安心しました。私は今まで興味を持つべきところに無理矢理興味を湧かせたり、無理矢理自分を奮い立たせてきた感じが自分ではしていたので、もう無理矢理何かをしたくないという気持ちがありました。でも、頑張らずに自分に発破をかけずに生きることは許されないと思っていました。なのはなに来ても、「もっと野菜に興味を持ったり、愛情を注いだりしなきゃ」「人のこと急いで好きにならなきゃ」「作業のスピードが人に比べて遅いから、急ピッチで頑張らなきゃ」など、自分がしんどくなる方に考えてしまいがちでした。なんとなく肩の力が抜けて楽になったような気がします。無理矢理何かをしようとしたり、無理矢理何かを思おうと思ったりすることはひとまず止めて、自然な流れに身を任せてみようと思います。義務や必要だからやるのではなく、自分の心が本当に思ったことや感じたことで動ける人生を創りたいと思いました。心が動くことをしたいと思います。
 
 インターバル速歩
 インターバル速歩をし始めてから、メンタルの調子が上向いたような気がします。どうしようもなく、自分のことやネガティブなことが頭の中で常に回る、ということがマシになりました。また、身体を動かすのが重くてしんどかったのが、感覚的に脚が上がるようになった気がします。作業でも少し動きやすくなりました。続けて頑張りたいと思います。

 植物のこと
 バンペイユが、「ホテルのような高級な香りがする」とれいこちゃんが言っていたので、気になってハウスの近くを通るときに寄ってみたところ、まるで香水のように高貴な、本当に高級ホテルのフロントのような香りがして、すごく好みな香りで、近くを通る度寄ってしまいます。
 トマトの苗が、既にトマトの匂いがするということをさやちゃんに教えてもらいました。
 その事実がびっくりでした。

 担当野菜(ナス)
朝に害虫チェックをしました。普段通り作業のスピードが私は遅くて自分で自分に残念な気持ちになっていたのですが、害虫を2種類見つけることができ、また、本で調べてその虫を特定することができたことが達成感がありました。(害虫が見つかったこと自体は残念ですが)。先日、ナスの茎が食いちぎられていたとき、まちちゃんが、「1日落ち込むレベルで本当に残念」と本当に悔しがっていました。私は正直野菜に、今の時点で特に思い入れがなく野菜を可愛いと思わないといけないのに思えていなかったので、何も思えなかったのですが、そんな風に本当に悔しがったり、本当に野菜を可愛いと思ったり、義務じゃなくて本当に世話をしたい、と思ったりできるようになりたいなと思いました。A集約のやよいちゃんも、野菜に対する情熱が深くて、本当に深く野菜のことを考えていて、野菜を愛していて、その情熱の深さがすごく素敵だと思いました。

人を好きになること・利他心について
 外に意識がちゃんと向いて、自然と色々なことに興味を持ったり、本を読んで感情の幅を広げたりしているうちに、自然と人を好きになれるのかが、今すごく不安です。今までは人間関係で、距離を詰めればその分人の嫌なところが見えて嫌いになったりを繰り返してきました。なんだか、本当のところで人を信頼できていないような気がします。人を好きになって、自分のためだけの人生から脱却したいです。

ハウスの簾がけ
 のりよちゃんリーダーでハウスの簾がけをしました。のりよちゃんが、みんなを小さなことでも色々褒めて士気を高めてくれました。なんだか、人に接するときもだし、自分に対してもこのスタンスで生きていけばいいのかも? と大げさかもしれないけど感じました。人も自分も励まして生きていったらいいのかもしれません。