「ハナミズキ」 るりこ

5月10日

○母の日 お母さんへ
 お母さん、いつもありがとうございます。
 お母さんのことが大好きです。

 母の日の会。
 お母さんに向けて、みんなで『ハナミズキ』の歌を贈りました。
「君と好きな人が100年続きますように」
 その歌詞に込めて、お母さんはなのはなファミリーにハナミズキを植樹した。
 なのはなで見られる花のそのキャプションを聞いたとき、心が動かされました。
 今年も、つい先日までハナミズキが咲いていました。満開のハナミズキの花を見たら、お母さんのことが思い浮かび、今年も母の日がやって来たと思いました。そして、そう思うのは、この先どこに行っても、ずっと変わらないだろうとも思いました。1つの花をみて、好きな人のことを思って嬉しくなったり、何かを思い出せることって、すごく幸せなことだと思います。わたしはなのはなに来て、そういう花をいくつも見つけることができました。
 古吉野には、お母さんに向けて、卒業生からたくさんのお花が届いていました。お母さんがもえちゃんのことも話してくれて、もえちゃんの優しい気持ちに胸がいっぱいになりました。