「花を」 りんね

5月10日

*今日は母の日

 お母さん、いつもありがとうございます。本当に本当に大好きです。
 お母さんに出会えたこと、お母さんの子供になれたこと、お母さんの仲間になれたこと。自分は幸運だと思います。

 

 今日、母の日の2部で、みんなのお母さんへのメッセージ朗読を聞いていたとき、酷く涙が溢れてきた。どの言葉に涙したとか、どこに共感したとか、そういう理屈を通り越して、とにかく、その場にいることに涙した。幼児のように泣いた。安心して泣いた。
 私はずっと、自分はなのはなの子になりきれていないと思っていた。私は人一倍欲深い。心の中が混とんとして、正義がぶれる。今でもそうだ。
 けれど、みんなの言葉を聞いていると、誰ひとり漏れずにお母さんの子供として、深く大きく受け入れてもらっていることを知った。ああ、ここにいたら安心なんだな、もう、間違った自分じゃなくていいんだ。生まれた時に望んでいた自分になっていいんだ、と感じた。
 私が間違ったとき、お母さんが“りんね、そうじゃないだろう”と瞳で訴えかけてくれる。自分が間違ったとき、欲を出してしまって苦しくなった時、自分はお母さんの子供であることを思い出して、“りんね、そうじゃないだろう。本当はそんなこと、望んじゃいないだろう”と言いきかせて、誇りを取り戻そうと思った。
 未熟であっても、私もなのはなの子だった。お母さんとお父さんの子だった。だから、誇りを持ってよかった。
 私は今まで、イベントでダンスを踊ることが苦手だった。自分を人に見せたくなかった。けれど今日の会で、私もなのはなの子として、表現したいと思った。なのはなの、お母さんやお父さんの仲間であり、なのはなのバンド、ダンサー、素晴らしい仲間の中にいることを誇りにして、なのはなの子として、表現したいと思った。
 れいこちゃんの言葉を借りて、花を咲かせたいと思った。派手じゃなくてもいい。小さくてもいい。ささやかな美しさが、人を思いやる優しさが、確かに心の中に根を張った誇りある人として、生きていきたい。