「レタスの生きる力」 りな

5月9日

 今日は久しぶりに朝食前の作業です。
 起きれるか心配で、6時半ぐらいに起きてうとうとしていると、あっという間に7時になりました。
 レタスの早朝出荷準備で、7時15分に梅林集合です。
 急ピッチで支度をし、玄関を駆け下りました。

 レタスの収穫は、秋レタスの収穫以来でとてもワクワクしました。
 第1弾は、顔ぐらいの大きさになっていて、葉っぱがツヤツヤしていてとても元気でした。ちさとちゃんが、収穫基準を教えてくれました。
 レタスを軽く指で押すだけで、パキッとなりそうなぐらい新鮮で、慎重に収穫しました。
 包丁を入れる時も、葉っぱがバラバラにならないよう、包丁の先端で切るようにしました。
 切りくちを見ると、白い汁が出ていて、一瞬びっくりしたけれど、これは新鮮な証拠なんだよ、と教えてもらって、レタスの生きる力を肌で感じました。
 拳で軽く抑えると、中指に反発が大きかったらいいぐらいに結球しているのだそうです。
 どのレタスもずっしりと重たく、中はたくさん詰まっているのだろうなあと思いました。

 そのあとは、マクワウリ第2弾の定植をれいこちゃんリーダーでしました。
 マクワウリの定植は今季2回目でした。
 まず、畝に銀マルチを張って、つきちゃん手作りのバカ棒を使って定植する場所にカッターで穴をあけていきました。
 前回は、横に切ったけれど、今日は十字に穴をきって定植しやすいようにしました。
 定植の直前に、苗を畑に持ってきました。少し掘って苗をポットから出すと、培土がとてもひんやりしていて水がぽたぽた落ちるぐらいで、苗がみずみずしかったです。
 浅うえでこんもりと土寄せするように定植しました。

 第1弾はこの前定植したばかりなのに、本葉が増えていて定植したときよりも大きくなっていました。でもまだ小さくて、とても可愛かったです。
 吉畑奥は、よくとおる道沿いなので、見た目を美しくするように心がけました。ネット掛けは、ネットがピンと張るようにしました。
 途中、通りがかりのみほちゃんやなおとさんもヘルプしてくれて、朝食1分前に終わって、とても速かったなあと思いました。
 朝の作業がとても気持ち良かったです。

 午前は、雨前に進めたい作業を大人数で進めました。
 私は、しほちゃん達と一緒にがけ崩れハウス前畑のジャガイモの植えなおしをしました。ジャガイモを植えるのは2回目だったけれど、とても緊張しました。
 しほちゃんとけいたろうさんが穴を掘ってくれて、ふみちゃんやはるかちゃんと一緒にジャガイモを植えました。深植えにならないよう、気をつけました。
 ジャガイモを穴において、ダストを片手ひと掴み入れて、土をジャガイモが隠れるぐらい薄くかぶせます。
 このとき、出来るだけゴロゴロした土はよけてサラサラの土をかけました。今度こそ、ジャガイモの芽が出てくれたらいいなあと思いました。

 植え付けしていると、ジャガイモの土寄せのみんなが畑に来てくれて、同時進行で進めてくれていました。たくさんの人で、とても進みが速かったです。
 植えなおしが出来て、次は保育園前畑のジャガイモの芽かきをしました。
 ちさとちゃんに3本だけを残すことを教えてもらいました。
 ブチっと茎が切れないように、地面をしっかりおさえて、他の芽までも抜けないようにすることも教えてもらいました。そうすると、綺麗に抜けてとても気持ちが良かったです。

 芽かきが終わって、土寄せに合流しました。
 とても大人数で、広い畑なのに1人1メートルもないぐらいの間隔で畝に入っていました。
 土寄せをするのは久しぶりで、とても楽しかったです。
 もくもくとしていると、いつの間にかかまぼこ型が何畝も出来ていて、あっという間に全部できていました。
 雨がパラパラ降ってきていて、雨前に終わらせられてとても嬉しかったです。

 明日はもう日曜日で、今週もとても速かったです。
 明日がとても楽しみで、精一杯頑張りたいです。