「みんなが同じところに向かって」 るりこ

5月9日

○あやかちゃん
 あやかちゃんのお誕生日。あやかちゃんのことを思うと、真っ先に昨年のウィンターコンサートで一緒に喫茶係をしたときのことを思い出しました。
 あやかちゃんは喫茶係のリーダーとして、引っ張り続けてくれました。
 あやかちゃんの段取りの立て方はいつも緻密で抜けがなくて、的確でした。
 あやかちゃんが最後まで責任感をもって、安定した落ち着きさで空気を作ってくれて、あやかちゃんがいてくれたから、最後の最後まで粘り強く向かうことができたと思いました。
 あやかちゃん、ゆきなちゃんと過ごす時間がいつも穏やかで、その気持ちのままにケーキを焼くことができました。

 あやかちゃんと何か一緒に物事に向かうとき、あやかちゃんはどんなことでも紙とペンを持って、内容を具体化して言葉にしています。
 そのときに書くあやかちゃんの字はいつも丁寧で、そしてわかりやすくて、あぁ、あやかちゃんは頭のなかでもこうして整理して、順序立てて考えているのだなと思います。
 決して焦らずに、じっくりと目の前のことに向かって、上品さを乱さないあやかちゃんの姿がきれいだなと思います。

 今回もレクリエーションのなかで、あやかちゃんと同じチームで謎解きゲームを考案したり、ゲームを楽しみました。
 あやかちゃんはふんわりと微笑んでいてくれるけれど、いざというとき、例えば吹き矢や頭を使ったなぞなぞなどでは大活躍をして、チームを助けてくれる場面が何度もありました。
 そんなふうに、思いがけない一面もを秘めたあやかちゃんが素敵だなと思うし、そういうときにイタズラにニヤリと笑うあやかちゃんの笑顔も好きでした。
 ときには、あやかちゃんのユーモアでみんなを笑わせてくれることもありました。
 あやかちゃんといると安心していられて、あやかちゃんがいてくれてよかったと心から思いました。

 わたしもあやかちゃんの仕事に向かう責任感や好きという気持ち、良くありたいという姿を吸収していきたいです。
 あやかちゃんのことが大好きで、一緒に生活させてもらえることが嬉しいです。
 あやかちゃん、お誕生日おめでとうございます。 
 あやかちゃんのことが大好きです。

○今朝の畑
 今朝は少し早い早朝作業のようでした。10時から雨が降るとのことで、前日からチームごとに分かれて、野菜の定植をすることになっていました。
 寝るときから、何となく胸が高鳴っていました。それは早朝作業の前夜に感じるときの気持ちと同じだと思いました。

 わたしはレタスの収穫と、マクワウリの定植をしました。
 レタスの収穫には、ゆきなちゃんやななほちゃんなど、一緒に収穫をするのは今日が初めての子も数人いて、みんなとレタスを収穫できることが嬉しく思いました。
 昨日、れいこちゃんとさきちゃんが秘密の栄養剤を散布してくれたからか、今朝のレタスは一段とつやつやしていて、葉がキュッとなるほど柔らかくて、みずみずしく感じました。
 朝からレタスをたくさん収穫できて、本当に幸せでした。

 それから、れいこちゃんたちとマクワウリ第2弾の定植をしました。
 約1時間半のなかでマルチ張りから定植、肥料やり、ネット張りまで、やることはたくさんありましたが、れいこちゃんが細かくタイムコールをしてくれて、終わるか終わらないかの瀬戸際のなかでハラハラしながら作業に追われるのも、また楽しかったです。
 吉畑下の畑でも、さやねちゃんを中心にピーマンの定植をしているようでした。
 作業自体は違っていても、みんなが同じところに向かって動いているのだなということを感じて、わたしはそういう、なのはなみんなで一致団結する作業が1番に好きだと思いました。

 マクワウリの苗は元気そうでした。
 マクワウリの葉をみると、今年も夏がやって来るんだと実感しました。
 暑い暑い、夏の早朝を思い出しました。
 
 8時50分ごろ、ネット張りがもう少し! というところで、通りがかったなおとさんとみほちゃんとなつみちゃんが、「入れるよ」と声を掛けてくれました。
 最近、様々な場面でヘルプに来てくれたときの喜びの大きさを感じることがあり、今日も3人が来てくれて、本当に嬉しい! と思いました。
 自分が嬉しいように、わたしも誰かに喜んでもらったり、助かったと思ってもらえる存在であれるように、手が空いたとき、入れると思ったときは積極的にヘルプに周りたいと思いました。

 そして8時58分。
「終わった~!!!」と、れいこちゃんの喜ぶ声が上がりました。
 本当に本当に、1時間半のなかでマクワウリの定植を最後まで終わらせることができました。
 それでも喜ぶのも束の間、もう朝食の時間で、今度は食堂に向かってみんなを走り出しました。走っていると、本当に清々しい気持ちと、楽しいなぁと満たされた気持ちでいっぱいになりました。
 大きなイベントごとだけじゃなく、日常のなかでも、今朝のように1つの目標に向かってみんなと全力でやり切れる時間が、わたしには何よりも大切だと感じました。

 そのあとも、11時30分まで、ジャガイモの土寄せにみんなと行きました。
 雨が本降りになる前に、やりたかった畑作業は全て終わらせることができて、それからは室内でできることを黙々と進められました。

 レクレーションのまとめもして一段落がついて、今度は母の日の会が待っています。

 おやすみなさい。