「永禮さんと」 ななほ

5月8日

 昨日の事になるのですが、絹さやが11.45キロも収穫する事ができました。
 前回は4人で1時間半で7キロだったのですが、昨日も4人で1時間半で11.45キロで、収穫のスピードが上がっているのを感じました。
 絹さやの質も良く、ちさとちゃんやみんなとの収穫の時間が嬉しかったです。

 

・アスパラの日

 午前はなのはなと下町川のアスパラの収穫後、草取りを1畝進め、永禮さんとアスパラの牛肥入れをしました。
 第3回目の牛肥入れは、のりよちゃんを中心に、永禮さんとよしみちゃんとなつきちゃんと、私の計5人で進めました。
 1畝20テミの牛肥を入れ、アスパラ畑を全て合わせると、約250テミ分を畑に撒きました。

 最初はあまりの量に、身体が驚いたのですが、どんどん体が軽くなって、足が動いて、気が付いたら走っていました。
 少し疲れてしまったのですが、サンサンと晴れた中、永禮さんやみんなと汗を流して動いて、1畝ずつ確実に作業ができて良かったです。
250テミ分を畑に撒くと、より一層、アスパラ畑が元気になった気がして、今後のアスパラの成長も楽しみです。
 そして、帰りはテミを片付け、電気柵をし、永禮さんのエルフで古吉野に戻りました。
 永禮さんとお話しできたのも嬉しかったし、久しぶりの永禮さんとの作業で、お茶休憩の時にはナゾナゾも出してくれて、楽しい時間でした!

 

・ピーマンのお家

 午後は吉畑下のピーマンの支柱立てをしました。
 今年初めての支柱立てが、ピーマンで、去年も支柱立てを1回しかしていないのですが、抱っこちゃん結びも八の字結びも覚えていて、自然と手が動きました。
やよいちゃんが考えてくれた段取りで、竹を運び、畝に合わせ、抱っこちゃん結びで竹を 縛り、八の字結びで結び目を補強し、その後もいくつかの作業をしました。
 最初、段取りを聞いた時は頭が混乱したのですが、畑にいると流れが分かりやすく、本当に楽しかったです。

 抱っこちゃん結びも八の字結びも永遠とできる感じがしたし、竹がピッタリ、畝に合わさると楽しかったです。
 また、上のすだれ用の竹を結んだ時、5人ペアで前に進んだのですが、それがとてもやりやすく、猛スピードで進みました。
 最初、下の竹しかなかったのに、どんどんピーマンのお家が完成していき、最後は畝の修正や、片付けに、全ての八の字結びまで終え、無事に完成です。

 これを自分たちの手で作ったと思うと嬉しくなったし、こんな遊び、仕事があったのかと思ったくらい、結ぶのも補強するのも楽しく、またやりたいなと思いました。
 最後はやよいちゃんに頼まれて、余った縦竹と横竹を、永禮さんと運び、ゆいちゃんも手伝ってくれて、横竹をビワの木畑に運んだり、竹の収納や片付けをしました。
 竹は8m以上あるものもあったのですが、永禮さんのダンプカーには普通にのり、少し違和感があったのですが、無事に古吉野に到着しました。

 片付けまでスムーズにいき、夕方の当番も時間が押していたのですが夕食までに終わり良かったです。