5月9日(土)「雨前のワンチャンス! ――マクワウリとナスの定植ーー」

5月9日のなのはな

DSCN9985

今朝はなのはなのみんなにとって、貴重な2時間でした。
「10時から雨予報だって! その前に進めておきたい畑作業がいっぱいある!」
前夜、畑チームのリーダーさんを中心に、それぞれA・B・Cチームで集まり、
朝の2時間をどう効率良く畑を進めるか、作戦を練りました。
大きな作業としては、夏野菜の定植ラッシュ!
ナス、ピーマン、マクワウリ、カボチャの夏のメインとなる野菜を、
雨前に畑に届けてあげたかったのです。

時刻は7時。普段よりもみんなが起き出す時間も早く、
わたしもみんなも、今から始まる作業に向けて、そわそわドキドキしているのを感じました。
さぁ、出発! 長靴に履き替えて、雨降り前の畑へ飛び出しました。

 

 

DSCN7117

DSCN7113

わたしの今朝のミッションは、レタスの収穫とマクワウリ第2弾の定植。
レタスの収穫にはいつもより多くの子が来てくれて、初めて収穫する子もいるなかで、
みんなと新鮮なレタスをたくさん採ることができました。
朝採れレタスは、シャキシャキ、テカテカで、みずみずしさがありました。

DSCN7120

時刻は7時30分。続いて、これからがメインとなる、マクワウリの定植。
れいこちゃんを先頭に8人集い、作業が始まりました。
まずは銀のマルチを広げて、張りました。しわがないように、畝に沿ってビシッと!
それを見たれいこちゃんが、「ものすごく良い感じ!」と言いました。
ピンと張られたマルチを見て、わたしも微笑ましい気持ちになりました。
続いて、苗が植え付けられる場所に十字に裂け目をつくり、マクワウリの定植です。
苗は20センチほどの背丈で、ウリ科特有の少しざらついたギザギザした濃い緑の葉と、
成長点となる淡い緑が伸びていました。
それを見て、(今年もこの季節がやって来たんだな)と実感しました。
マクワウリの苗は、わたしに暑い夏の朝を連想させました。

DSCN9986

時刻は8時10分。れいこちゃんが細かくタイムコールをしてくれます。
れいこちゃんの時刻を知らせる声が畑に響くたび、
9時までに終わるか終わらないかのギリギリの瀬戸際で作業が進んでいるのを感じ、
絶対に終わらせたい、そのために頑張るんだ、と気持ちが入りました。
下の吉畑下では、同じように植え付けを、そこではピーマンを定植していました。
リーダーのさやねちゃんの声が響き渡ります。
作業は違っていても、みんなの気持ちは同じところに向かっていると感じました。
マクワウリの根が伸びて、完全に活着するまでの期間の栄養剤として、化成肥料を施しました。
それらが終わると、一斉にネット張りです。
畑のなかで、みんながそれぞれの役割に向かって、全力でした。
常にれいこちゃんが全体をみて、手が余ることがないように、指示を出し続けてくれます。 

8時50分。ネット張りがもう少し!
そんなとき、別の作業を終えて通りかかったみんなが、「できることある?」と声を掛けてくれました。
嬉しい! 3人にもネット張りのヘルプを要請しました。お互いに声を掛け合って、カバーし合います。
そして8時58分……。 「終わった~!!!」
れいこちゃんの喜ぶ声が上がりました。
さぁ、今度は朝食へ! 清々しい気持ちでみんなで勢いよく、古吉野へと駆けていきました。
今朝の早朝作業は、少し早いサマータイムのようで、ミッションをクリアしていく楽しさがありました。
11時ごろ、予報通りの雨が降り出しました。マクワウリ、ナス、ピーマン、カボチャには嬉しい水。
みんなと1つの目標に向かって、みんなが同じ気持ちで臨む畑作業が、
わたしはやっぱり1番だと思いました。

(るりこ)

***    

10時から雨予報ということで、朝に夏野菜の定植しました。
定植する野菜は、ナスとピーマン、マクワウリにカボチャなど盛りだくさんです。
私は、ナスの定植をしました。ナスは第1弾がすでに植わっており、
今回は第2弾で、石の下畑に240株植えました。
この日をずっと楽しみにしていたので、朝から張り切って畑へ行きました。

ハウスへ行くと、すでに苗を準備してくれていたまりのちゃんと、苗をトレーに移していきます。
少し前まで小さかった苗は、グンと伸びて12センチほどになっていました。
ナスは、実も紫なら茎も紫で、苗の段階から特徴が表れています。
花もまた美しく、淡い薄紫色をしています。
私はなのはなに来てナスが大好きになりました。
ツヤツヤお肌のナスは、肉厚でジューシーな味わいが魅力的です。
麻婆ナスや、漬け物などで大活躍の王道の夏野菜です。

280
〈ゴーヤの手入れやゴカボチャの定植も、雨前に終えることができました!〉

P5090016

さて、なのはなでもナスを定植するときがやってきました。
さやねちゃんがタイムキーパーと作業の説明をしてくれました。
さやねちゃんの的確で素速い進行で、効率よく作業ができてやり甲斐を感じます。
いよいよ、小さなポットから大地へと放たれる瞬間です。
穴を開けたところに、ポットから出した苗を置いていきます。
定植するときのポイントは、浅植えで覆土は薄くすること。
そのことを心の中で復唱しながら、1株1株に責任を持って植え付けました。
今は葉っぱだけの小さな苗だけど、やがて大株となり、すずなりのナスができること願い、定植しました。

時間に余裕があったので、仮支柱を立てて誘引をしました。
ナスは風で揺れるのが嫌いなので、
少しでも過ごしやすくなるように、私たちが手をかけなければなりません。
これで風が吹いても大丈夫です。
それぞれの野菜を協力して、雨前に終わらせることができて嬉しかったです。
予報通り、10時以降は雨が降って、
定植したばかりの野菜たちによい恵みの雨になってくれたかなと思います。
これから育つ野菜を、みんなで毎日見守って手入れしていきたいです。

(さき)

 

***  

P5090030
〈夏野菜の定植と同時に、 ジャガイモの土寄せも進めました! 実のつきを良くするために、 株元までしっかり土を寄せていきました〉

DSCN7148

***

DSCN9990
〈なのはな産の小豆と餅米を使って、ぜんざいを作りました。 餅米は製粉機にかけて白玉粉を作り、 みんなで美味しくいただきました!〉

P5090037