「全力で遊ぶ仲間」 ななほ

5月3日

・キャンプに向けて

 今日から4日間、お楽しみレクレーションがあります。
 初日の今日は、午前中にアスパラの収穫をし、嫁入り作業までを行い、その後や絹さやの嫁入りや細々とした作業をしました。
 アスパラ作業では、リーダーをさせて頂いて、みほちゃんとえつこちゃんとさくらちゃんと収穫に行きました。

 畑についた瞬間、畝の上が緑色でいつもと違う気配がしました。
思わず「うあー」と叫んでしまったのですが、収穫をしていても量が多く、昨日までは3キロから4キロ程しか収穫できていなかったのに、なんと今日は10.1キロも収穫ができました。
 こんなに急に成長して、昨日までは収穫基準を満たしていなかった子も、大きい物では15センチから20センチも伸びていて、本当に驚きました。
 嫁入り作業をしていてもやりがいを感じたし、なのはなアスパラも1.3キロ収穫できて良かったです。

 また、下町川のアスパラの香りが日に日に良くなっていき、太さも私の親指サイズのものもあり、本当に立派で美しいアスパラが嬉しいなと思いました。
 絹さやもたくさん採れていたり、下町川の畑で四つ葉のクローバーを見つけ、32個の四つ葉のクローバーをとって帰りました。
 私は元々、クローバーを見つけるのが得意なのですが、あと48個見つけて、なのはなのみんなにしおりを作ってプレゼントしたいなと思っています。
 お母さんにも「うん、いいね!」と許可を頂いたので、しおり作りも楽しみです!

・焼きそばから始まる

 昼食はまさはるさんの焼きそば。毎年、ゴールデンウィークの幕開けは、まさはるさんと河上さんが作る、スペシャル焼きそばメニューから始まります。
 中庭でまさはるさんが焼きそばを焼いてくださっている時から、香ばしい香りが古吉野中に広がり、みんなでの焼きそばが嬉しかったです。
 とてもモチモチしていて、ほんのりと甘く、しょっぱく、コクが深くて、最高の焼きそばでした。
 まさはるさんがこうして、なのはなのみんなの為に、焼きそばを作って下さるのが嬉しいし、まさはるさんと河上さんの気持ちが有難かったです!

・新聞紙ファッションショー

 午後はお楽しみの新聞紙ファッションショー。私はまりこちゃんチームで、まきちゃんがモデルとなりました。
 今回のお題は「ウエディングドレス」ということもあり、モデルさんもいつのと違う顔ぶれで、大人で上品の人が勢ぞろいでした。
 私は今回、ヘアアレンジとお花作りを主に担当させて頂いて、まりこちゃんが考えてくれたドレスのイラストを基に、新聞紙や配布された色紙、包装紙を使い、ひたすら衣装を作りました。
 正方形に切った髪を、丸めたり、広告を薄く薄く丸め、スカートの土台をフラフープのようにして作りました。

 最初の土台作りや制作物で時間が掛かってしまい、まきちゃんが衣装を着始めたのは、発表の30分前でした。
 そこからは大急ぎで、私は花を折り、えつこちゃんがブーケを作り、まりこちゃんとまきちゃんが丸いパーツと新聞紙を張り付けていきました。
 まきちゃんの髪の毛は、トップ部分をくるりんぱし、再度三つ編みをしてそれをまた三つ編みにし、もう一度サイドを編みこんで、全部で7回の三つ編みをしました。
 私はいつも髪をアレンジしてもらう立場だったので、人の髪をアレンジするのは、今までの人生でも3、4回くらいしかないんじゃないかと思うのですが、自分のできる限りでアレンジさせて頂きました。

 最後にはラプンツェルみたいに、紫色の画用紙で花を作り、髪の毛にピンで刺し、無事に上品でゴージャスで、美しいまきちゃんにピッタリの髪形ができて良かったです。
 少し緊張したのですが、10分以内で髪の毛も完成し、メイクもアイシャドーを水色に決めて、ウエディングまきちゃんが完成しました。
 後半はばたばたで、みんながみんな、違うことをしていたのですが、気持ちはずっと1つで、最終的に全てがまとまり、まきちゃんのドレスが完成しました。

 ファッションショー本番。本当にどのチームのドレスも美しくて、私も着たいくらいでした。
 フワフワで柔らかいドレスもあれば、和風でストレートな物。切り絵や桃花、ユリの花の折り紙やお花畑の様なドレスもあり、みんなのウエディングドレスが美しかったです。
これが新聞紙なのかという位、可愛くて、ゴージャスで、美しくて本格的で、やっぱり新聞紙ファッションショーが大好きだなと思いました。
 お父さん、お母さんの講評も聞かせて頂けたり、みんなと写真撮影もできて嬉しかったです。

 最後のお片付けは、少し寂しい感じもしたのですが、私たちのチームは、そのままスポッとドレスが脱げて、さすが私たちと思いました。
 どうしても勿体なかったので、肩にかけていたポスターのレースは居室に飾り、ブーケや1年生教室に綺麗にかけて、とても美しくて可愛いです。
 本当に新聞紙ファッションショーの時間が嬉しかったし、こんなにもヘアアレンジが楽しいなんて知らなかったので、新しい発見をした気分になりました。
 また次回も楽しみで、次回はどんなドレスやモデルさんが登場するのかワクワクしています!

・謎解きゲーム

 夜はハヤシライスがメインの豪華な夕食を頂き、何と謎解きゲーム。
 なのはな版の謎解きゲームは脱出ゲームの様な物で、実行委員さんが考えてくれた謎がかかれたお題用紙を基に、その場所がどこなのかを探し、10か所の目的地に向かいました。
 お題が分かった瞬間、みんなについつい大きな声で叫んでしまったり、私は1番先頭で猛ダッシュで走ってしまったのですが、どのチームの人も本気で楽しそうに笑っていて嬉しかったです。
 いかにほかのチームの人に分からないように目的地に到着するか、いかに早く謎を解き明かし、目的地に辿り着けるか。

 どうしても分からない場合、ヒントマンという実行委員さんの所に行き、ゲームで勝ったらヒントを教えてくれるという物もあり、いかに適切な判断をするかがカギとなりました。
 「深い森の中にある赤いダイヤ」は、グリーンボックスに入っている小豆の事で、それが渡り廊下に隠されていて、箱の中には小豆とお題の紙が書かれていました。
 「覗いてごらん。海でも池でもないけれど、舟が見えるあの場所を。」では、最初図工室にある、ウィンターコンサートの小道具の船のしたかなと思ったのですが、図工室にはどこにも紙がありませんでした。
 考えていたら、「あ、」とひらめいて、やっぱり正解はお風呂でした。湯舟と分かった時は嬉しかったし、みんなが自分の事もチームの事も自画自賛して、楽しむ空気も嬉しかったです。

 ヒントマンの所には1度行き、このイラストを覚えて、1人ずつ忘れずに言うというゲームに勝ったり、いつも廊下を走っているからか、廊下を誰よりも早く走れました。
 最後、「ピアノ!」と分かって、体育館に向かうと、そこには「ゴール」と書かれてあり、コインが置かれていました。
 まだ誰も、体育館には帰ってきていなくて、私たちは1位で優勝し、本当に嬉しくて達成感を感じました。

 あまりにも早くて、「あれ、何個かぬかしたかな?」とも思ったのですが、みんなの知恵と判断力と認識力で、みんなの力を合わせて無事にゴールをしました。
 私は今日、カメラを任されていたのですが、カメラを撮る暇もない位、楽しくて、猛ダッシュして、本当にワクワクしました。
 1位の私たちには、1000点が入り、今回のキャップでは各遊びごとに、点数をもらい、合計点数で豪華景品が用意されています。

 明日も謎解きがあるので楽しみだし、吹き矢や3日目のウオークラリー。ソフトボール大会も楽しみです!
 本当に遊べば遊ぶほど、自分のチームが好きになって、みんなの事も大好きになります。
 こんなに楽しい遊びを考えて、みんなが本気に、全力に遊び、戦い、笑うなのはなファミリーが私は大好きで、本当に生きていて良かったなと思います。
 まだまだ書きたい事があるのですが、今日はここまでにします。おやすみなさい。