「あるべき姿」 ななほ

5月2日

・大きな心

 今日はあゆちゃんのお誕生日です。
 私にとってあゆちゃんは、大切なお姉さんであり、尊敬する相手であり、お手本であり、神様のようにも感じます。
 あゆちゃんの姿を見るだけで、暗い気持ちがパッと明るくなって、「私もこうあらねばいけない」と背筋を正されます。
 あゆちゃんの生きる姿勢、物事に向かう時の、真っすぐで真剣で、どこまでも利他心の気持ちが、私を支えてくれて、私たちを良い方向に導いてくれているなと思います。

 なのはなファミリークレドを読んでいると、あゆちゃんだなと感じます。
 判断に迷った時は、相手の利益を優先する事。時間と場所が違えば、答えが違うことを知る事。
 あゆちゃんが暗い顔をしていたり、悲しそうだったり、マイナスな気持ちになって気持ちを落としているのを私は見た事がないです。
 常に平常心で、本気で遊んで楽しんで、厳しい時もあるけれど、自分の欲ではなく、どこまでも目の前の人の為に正しい事を教えてくれるあゆちゃん。
 それこそが、本当の優しさで、大きな心で、利他心の気持ちだと思います。

 あゆちゃんは我欲が全くなくて、何をしていても、何を考えていてもみんなの為、なのはなファミリーの為、まだ見ぬ誰かの為です。
 ウィンターコンサートの練習の時、あゆちゃんが踊らないのに、何度も何度も真剣に私たちにダンスを教えてくれました。
 あゆちゃんが1番汗をかいて、全力で、大きな声を出して教えてくれたダンス練習の時間が、私にとって、大切な宝物です。
 コーラスや楽器を教えてくれる時も、どこまでも真剣で、誰よりも一生懸命で、本当に自分の為じゃなく、みんなの為でしか生きていないあゆちゃんが本当に美しいです。

 なのはなの気持ちで、ぶれない心を持って、なのはなファミリーやお父さんお母さん、みんなの事を信じて、好きで居てくれるあゆちゃん。
 相手の事を正しく評価したうえで、適切なアドバイスや答えをくれて、目の前の人に常に誠実で、一生懸命で全力で、あゆちゃんの生き方は、どこまでも輝いていると思います。
 以前、シスターをしていて困ってしまい、1年生で泣いてしまった事があります。その時、あゆちゃんはその事をどう思ったらいいのかを教えてくれました。

 私もまだ未熟だけれど、あゆちゃんに正しい事を教えてもらうと素直にストンと自分の中に入って、「じゃあ、こうしよう。こう思おう」と思う事ができます。
 あゆちゃんの大きな優しさに何度も助けられて、あゆちゃんの大きな手に頭をポンポンとしてもらい、「大丈夫だよ」と言って貰った時、心の底から安心して、涙が出たのを覚えています。
 私は1人じゃないんだと思ったし、あゆちゃんが居てくれるから、あゆちゃんが私の短所も長所も、全て分かったうえで、私の事を信じて、好きで居てくれるのが本当に嬉しいなと思います。

 あゆちゃんの瞳が美しく、あたたかく、少し切なくて、あゆちゃんを見ると安心して涙が出るなと思います。
 アセスメントやイベントであゆちゃんが歌っているのを見ると、歌声に感動するし、あゆちゃんの歌う姿、目線、動きから、あゆちゃんがどこまでも仲間を意識して、みんなのあゆちゃんでいるのを感じて安心します。
「私は勇敢よ。見られる事なんて恐れない。謝ったりなんかしないの。そう私は勇敢な戦士。というMCをあゆちゃんが読んでいる時、ものすごく涙が出てきます。
 悲しいとか、寂しいとかではなく、何かが切なくて、強くて、私もこうしたいという気持ちが涙になって現れます。

 本当にあゆちゃんはお手本で、私の尊敬する人です。
 あゆちゃんの大きな心、優しさに何度も助けられて、気持ちを引っ張ってもらっています。
 いつも先頭に立って、勇敢に、強い優しさと正義を持って、まっすぐ前を向いて生きていく。
 そんなあゆちゃんが素敵だし、私もあゆちゃんみたいになれるように、もっと気持ちを成長させたいです。
 あゆちゃんはどこにいても通用するし、どこにいても好かれて、尊敬されて、本当にあゆちゃんの人格や人柄が美しくて、利他心だからあゆちゃんが居るんだなと思います。
 あゆちゃんの事が大好きです。あゆちゃんと同じ時代に生きられて、一緒に生活させて頂ける事が幸せです。
 あゆちゃんはあるべき姿です。これからも宜しくお願いします。

・収穫ツアー

 午前は環境整備の係で、野菜の収穫ツアーをしました。
 まず初めは、ブロッコリー。もう花が咲いてしまっているものもあるのですが、9月から畑にいて、3月から収穫が始まり、本当に立派なブロッコリーです。
 今は自家消費用で時間を意識して収穫しているのですが、1畝の片側を収穫するだけで、収穫かごがパンパンになります。
 みんなで収穫すると、3コンテナがいっぱいになり、とても楽しいし、改めてブロッコリーが好きになりました。

 その後は、アスパラ作業のリーダーをさせて頂いて、みほちゃんとえつこちゃんとよしみちゃんと、下町川に向かいました。
 今回はクワとスコップも持っていき、11畝の収穫をした後、何と、ひろはたさんと溝さらいの作業をしました。
 ひろはたさんが大きなユンボに乗って、アスパラ畑の横に溝を掘って下さって、それを追うように私たちが溝をさらい、土をあげ、上げた土を平らにならしました。

 日中は日差しが強く、30度近くにもなっていたので、全身から汗が噴き出してきたのですが、どんどん畑が変わり、綺麗になっていくと気持ち良かったです。
 溝の中に入ると、進めば進むほど、深くなっていき、ひろはたさんと近づいたり、離れたりして、追いかけっこをしているみたいに溝が出来上がりました。
 土を平らにする作業も、極めれば極める程、美しく、綺麗な農道ができていき、大きな石もあったのですが、最後にみんてなで運びました。

 ひろはたさんが「うん、いいね。もうこの位でもいいよ!」と優しく声をかけて下さって、最後は軽く土を平らにし、石を運び、みんなでユンボに乗ったひろはたさんにお礼の挨拶に行きました。
 今回はのりよちゃんがいなかったのですが、私は去年の夏も今年も3日に1回はアスパラ作業に入っていたかなと思って、もう顔も覚えてもらっています。
 ひろはたさんが素敵な笑顔で、「ありがとう。みんな、クワ使ったことが無かったんだよね?本当に上手で、どんどん上手くなっていくんだね」と言ってくださいました。

 本当になのはなに来て、初めてクワを持って、クワを使ったのですが、みんなが居るからこうしてクワの使い方も覚え、お手本の人がいるから、それに近づいていけるのだと改めて思いました。
 ひろはたさんのお話が嬉しかったし、ひろはたさんと作業できた時間が有難かったです。
 アスパラ作業の後は、絹さやの収穫をし、アスパラや絹さやなどの嫁入りをしました。
 アスパラは最初、1人でしていたのですが、何と今回は下町川のアスパラが3.8キロ。なのはなの方が0.9キロも収穫ができて、日に日に収量が増えています。

 下町川の方は、剪定ハサミで切れない位、太いものがあったり、香りも良く、瑞々しく、なのはなのアスパラに味も近づいてきているのを感じました。
 また、収穫をしたら、アスパラの水分が顔にかかることもあり、水を吸って、元気に成長するアスパラが嬉しくて、私もアスパラみたいに、身長も気持ちも伸ばしたいなと思いました!

・同じバースデー 

 午後は私たちの担当野菜、ゴーヤの定植作業をしました。
 今日は土曜日ということもあり、りゅうさんがいて下さって、りゅうさんがいてくれるだけで元気が出ました。
 支柱と支柱の間の1スパンに、ゴーヤを2株定植し、白いゴーヤと緑のゴーヤも分けて植え付けました。
 段取りの確認ができていなくて、少しバタバタしてしまった場面もあったのですが、畝を成型した後、第1弾のゴーヤ100株程を定植し、水やりをして、敷き草をして、無事にゴーヤのお家ができました。

 りゅうさんがいてくれて嬉しかったし、同時進行で水やりや草敷きも行い、1時間で作業は終わり、充実していて楽しかったです。
 途中からリーダーをさせて頂いて、最後はお茶を飲み、無事にゴーヤの定植が終わりました。
 それからは、掛け崩れハウス前畑のカボチャの定植、敷き草、ポール立てにネット掛けを45分で終わらせ、ラストはいいとこ下での作業です。
 初めて今期、カボチャの畑を見たのですが、てんがいの可愛いネットに、フカフカの富士山型の畝。その上には、優しい草がこれでもかと敷かれていて、最高のベッドでした。

 その上でカボチャがすやすやと眠り、真ん丸の二葉や、素敵な本葉が生き生きとしていて、私もカボチャになりたいなと思いました。
 敷き草の中にはレンゲも混ざっていて、草原の中に光るピンクも美しく、これからカボチャを育てていくのが楽しみだなと思いました!
 いいとこ下では、水菜の草取り、追肥、中耕にネット掛けをして、どんどんみんなが来てくれて、15分で作業が終わりました。
 本当は夕方にしようと思っていた作業だったので嬉しくて、何度もまゆちゃんと「やったー」「よし、よし、よし……」と叫びました。

 本当に気持ち良くて、楽しくて、ものすごく汗をかいたし身体はヘトヘトだけれど、疲れとは比べものにならないほどの達成感がありました。
 水菜が大きくなっていて嬉しかったし、なおとさん達が10人位でゴーヤのネット張りの続きも終わらせてくれて、明日からの見回りも楽しみだなと思います。
 少し途中なのですが、ソフトバレーです。
 木曜日の悔しさを全部発散できるくらい、本気で諦めずに戦ってきます!