「サツマイモの畝立て」 しなこ

4月29日

 午前の作業でサツマイモの畝立てをさせてもらいました。
 桃横の畑で、13畝を何人かの人たちと立てました。
 最初にしほちゃんが畝の立て方を教えてくれて、かまぼこ型にするということでした。
 桃横の畑は1畝が長くて、1畝に4人入っても、先頭の人がすごく遠くにいる感じがしました。
 土がふかふかしていて、土が上げやすくてサッ、サッと鍬を動かせて、テンポ良く進むことができて、楽しかったです。
 小休憩のときに、まきちゃんが畝の立て方についての提案をしてくれました。これまでは両側の土を上げて均していたけれど、均しをせずに畝の真ん中が少し窪んでいる状態にしてはどうか? と提案してくれました。
 その後、しほちゃんとまりのちゃんが話し合っていて、まきちゃんが提案してくれた方法で畝を立てることになりました。
 均しをしなくなった分、進みが速くなって、どんどん畝が立てられていきました。12時が過ぎた頃に、4人くらいヘルプに来てくれて、時間内に終わらないかもと思っていたけれど、時間に余裕を持って終えることができて、よかったなと思います。
 今日は晴れていて、気温も高めだったのかなと思うのですが、畝立てをしていると、汗が出てきて夏みたいな感じがしたなと思います。
 でも汗をかきながらも集中して畝立てをしたのが楽しかったし、畝ができたときはとてもきもちがよくて嬉しかったです。

 今日は祝日で、お仕事組さんやりゅうさんとも一緒に作業ができて嬉しかったです。ゴールデンウィークに向けての話し合いもそれぞれのチームでされていて、リビングにみんながいて、話で賑わっている光景が嬉しいなと思います。
 ゴールデンウィーク当日が楽しみでワクワクするなと思います。

 ありがとうございました。