「自分を全部捨てて」 ゆい

4月29日

○新聞紙ファッションショー
 アンケートの締め切りが今日の消灯で、今、リビングでみんなが話し合っているのを聞いて、嬉しくなってにやにやしてしまいました。色紙をプラスαで各チームにプレゼントする予定で、その色の希望をとっています。れいこちゃんチームのみんなが、「イエローホワイトと、イエローブラウンがあるよ! どうする?」と楽しそうに話しているのを聞いて、すごく嬉しくなりました。教材室から集めた色紙や、包装紙、不織布などを、色をコーディネートして実行委員のみんなで分けていったのですが、それらがどんな風に使われるかなととても楽しみになります。
 みんなのアイディアはすごいから、きっと、「え、これがこんな風に使われたの?!」というのが出てくるに違いないです。
 今は昼間に、OMTをさせてもらっている都合で、実行委員の準備を他のメンバ-に任せっきりになってしまっていて、申し訳ないです。夜には集まって話しあうのですが、きちんと把握して責任をもってできるときに、できることをやっていこうと思います。

 

○人間性をなおしている
 夜の集合で、質問者に対してのお話に、私に対しての言葉でもあると、受け止めました。ここで、人間性をなおしている、モラルをなおしているんだ、とお父さんお母さんが話してくださいました。モラルが低いままだと、症状がとれても崩れてしまう。しかし、しっかりしたモラルをもっていると、そういう困難とは無縁でいられる。
 私が一番危ういのはモラルだと思います。本当に怖いです。徹底して、人間性を立て直さないと、崩れてしまうのだと思いました。そういう意識を絶対に忘れてはならないと思います。
 私は、思うことがあります。兄姉で、同じ親に育てられているのに、私だけ極端にモラルが低いと感じます。それは、もともと流されやすい性質があったというのと、実際に流されて、本当に最低のところまで一時、行ってしまった、というのがあるからではと思います。すぐに忘れてしまうのが怖いです。すぐに危機感が薄れてしまう自分が恐ろしいです。ここから抜け出るには、自分を戒めながら、本当に誠実にモラル高く生きて行こうと思い続けるしかないと思います。

○利他心
 そして「自分のことしか考えていないのはいけない。利他心をもったらぼーっとできない」というお話もありました。利他心は、そういうことなのだ、と思いました。自分の事で頭をいっぱいにしたら、落ちるのだ、と思いました。
 私が調子が悪くなるときがあるのは、自分のことで頭がいっぱいになるからなのだと思いました。そうして、自分にこもることは、利他心の反対にあることだったのだと思いました。
 普通、人のことを考えるのだと思います。OMTをさせてもらっていても、気付くことがあります。社会人として会社で働いていたとき、私は他の人と感覚がずれていると思ったことがありました。それは、他の人が、自分以外のことを考えて動くのが普通なのに、私は自分のことしか考えられない、と感じたことです。まず、普通にならなければならないです。
 本当に、自分を全部捨てて、人のために生きると、覚悟をきめて、そういう人間にならなければ、依存症になった私は生きて行けないはずです。私は自立をしなければなりません。治らなければなりません。だから、自分の中身を入れ替えて、利他心で、人の為だけに生きられるようにならなければなりません。

 OMTでは、今まで言葉にできなかったことを話させてもらいました。まだ出し切る感じになっていませんが、今までずっと言えなかったことを話させてもらえたのはありがたかったです。