「一から作り直す」 よしみ

4月28日

○いよいよ始動!!
 今日の午後の作業でゴーヤの支柱立ての作業に入らせていただきました。
 今朝の朝食前の時間でゴーヤの畑に使う竹を用意し、いよいよゴーヤの定植に向けて始動です。ななほちゃんと私がゴーヤ担当なのですが、今回の作業はななほちゃんが別の作業でいなかったため担当が私だけですごく緊張していました。
 畝立ては前回みんなが作ってくれていて、今日は私にとって初めての支柱立てデビューです。私はあけみちゃんとペアで、あけみちゃんがかけやで竹を畝に固定していく時に竹を支える補助の担当をさせていただいたのですが、真っ直ぐ縦の列と横の列をそろえるのがすごく難しかったです。何度もズレてしまったのですが、その都度あけみちゃんが教えてくださって助けてくださいました。あけみちゃんは他のみんなよりも少ない回数で竹を畝に打ち込んでいてとてもかっこよかったです。
 今日は大体の縦竹を固定できて、おそらく明日も支柱立ての作業があると思うのでみんなで完成させれるといいなと思います。

○ハウスミーティング
 お父さん。今日はハウスミーティングで質問に答えてくださってありがとうございました。自分がここ何日かで特に悩んでいたことだったのでお父さんのお話を聞かせていただけて嬉しかったです。
 ストレスを感じた時に病気の症状が出ることを聞いて、私は一体何にストレスを感じイライラしているのか考えてみました。結果、ストレスを感じる理由はいろいろありましたが、根本的には全ての理由が自分がまだ体型にこだわっていることからきているものだということに気づきました。自分ではもうあまり気にしていなかったつもりなのですが、実は私はまだ痩せていたい、太るのが怖いという気持ちがあるのだと思います。どうして動かないとイライラするのかも、結局は太りたくないからです。
 その気持ちがなくなった時に自然とストレスを感じなくなるのではないかと思いました。また、注意されたという考え方自体も間違っていることを教えていただき、その時のお父さんとお母さんのお言葉がすごく心に残っています。自分は注意される前提で考えていて、注意されない人になろうという気持ちがなかったです。自分がよくなりたいと思っていることができていれば注意されたりしないと思うし、こんなに悲観的な気持ちになることもないと思います。周りの人が怖いと感じるのも、実はその行動が自分の拘りや依存だから治さなくてはいけないことだと気づいていて、自分のしている行動に後ろめたさを感じているからです。
 それに、注意されているのではなく「しつけ」という名の愛情だとお母さんが話してくださって、そのお話を聞いた時「あぁ、私はなのはなの家族でお父さんとお母さんの子どもなんだ。ここで暮らしてもいいんだ。」と感じることができました。
お父さんとお母さんのお話を聞かせていただけて本当に嬉しかったです。私はなのはなで自分を一から作り直し、きちんと大人になります。

今日も一日ありがとうございました。
夕食にななほちゃんのお祝いのお赤飯とブリをいただけて、みんなでななほちゃんのお祝いができて嬉しかったです。
明日は祝日で世間は明日からゴールデンウィークが始まるらしく、なのはなのみんなと一緒にゴールデンウィークを過ごせるのがとても楽しみです。
夜に新聞紙ファッションショーのチームとお題が発表されました。私はみかちゃんチームです。シスターのななほちゃんとさきちゃんと分かれてしまったのは残念ですが、チームのみんなと頑張って素敵な衣装を作りたいと思います。