「好きな作業」 あやこ

4月28日(火)

○午前

 午前中はキュウリの支柱立てからネット張り、午後はゴーヤの畝ならしと支柱立てをしました。B集約の野菜の支柱の作業に入らせてもらえてとても嬉しかったです。今年の竹は、こんがりとよく焼けていて見た目にも素敵な支柱になったと思います。
 キュウリのネット張りの作業は、私の好きな作業の1つです。マラソン練習のお題で、
『この春楽しみなこと』のお題のときに、私は「キュウリのネット張り」と答えました。
 いくつかのチームに分れてネットを張りました。作業のメンバーはネットの張り方を知らない人が多かったけれども、まゆちゃんがきちんとインターネットで調べてきていたし、他のみんなも、一度説明を聞いて、そして1列経験しただけで、コツを掴んだと言ってどんどんきれいに張っていました。
 私も、実はネット張りには自信があります。ピンと張ることに、喜びを感じていて、拘りになってしまうくらいに、ピンと張ることに命をかけています。
 だから、私はさやちゃんとペアで(初めはふみちゃんも入ってトリオで)張っていたのですが、すごくきれいに張れたので満足しています。でも、隣の畝を見たら、初めてやったはずのメンバーも、きれいに張れていて、今日やった部分は全体的にきれいに張れたみたいで嬉しかったです。まだ途中なので、もし続きに入ったら頑張りたいです。
 また、天井の補強も、真っ直ぐにすることをみんなで意識したので、とてもきれいに取り付けられたと思います。お父さんとお母さんには、ぜひ、ビワの木畑から中畑を見下ろして、キュウリの支柱を見てもらいたいです(キュウリは中畑です)。

 

○午後

 午後のゴーヤの支柱の作業では、私は初めて傾斜のついた畝づくりをしました。今年の新たな試みの傾斜の畝で、どういう効果があるのか楽しみです。
 支柱立てでは、お父さんとお母さんが買ってくれたかけやを使いました。どこにも傷のない、新しいかけやは、まるで柄の長い打ち出の小槌のようでした。かけやの数が増えたおかげで、竹を打つ人も増えました。私は、あけみちゃんと交代で、電動ドリルで穴を開けていったり、あとは、よしみちゃんとペアになって、かけやで竹を打つのをやりました。支柱立てが初めての経験だというよしみちゃんは、あけみちゃんに教えてもらった、竹を真っ直ぐにして補助をする方法を、忠実に丁寧に守って、私の補助をしてくれました。ずっと笑顔で、そして素直で真っ直ぐで、よしみちゃんと一緒にやらせてもらえて嬉しかったです。
 途中でお父さんが教えてくれてから、みんなで竹を打つ位置を真っ直ぐに揃えることを意識しました。そして、作業を終えてから道路側(柚畑側)から見たタテ竹は、すごく整然としていてきれいで、誰に見せても恥ずかしくないと思いました。
 これも途中になってしまったのですが、もし続きに入ったら、きれいに完成できるように頑張りたいです。

 

○夕方

 夕方17~18時の時間に、ビワの木畑の草刈りをしました。草刈りが好きなので、「草刈りをして欲しい畑がある」と聞いたら、ここぞとばかりに刈らせてもらっています。雑草の生え方も、冬からもう、すっかり夏仕様になってきたように感じます。 限られた夕方の時間に、1人でも時間内に終わらせるぞ、という「1人ゲーム」をしているような感じです。前回の柚畑も、今日のビワの木畑も、勝ちました。
 しかも、10分ちょっと遅れて始めた上に、片付けまでできました。嬉しいです。