「畑の景色が変わっていく」 しなこ

4月26日

 午前中に中畑で支柱立ての作業をさせてもらいました。
 中畑はキュウリとオクラの畑になるようで、まゆちゃんを中心に何人かの人たちと支柱立てをしました。
 畝にはドリルで穴を開けてくれてあって、支柱を立ててかけやで打っていくところから始まりました。4ペアがかけやで打っていて、残りの人たちは竹運びをしました。前日に運んであった縦竹が細いということで、太いものを取りにいったり、横竹は細いものがいいようで、細いものを取りに行ったり、みんなで運びました。
 竹運びの作業をしている間に、かけやで打ってくれていた人たちは、全て打ち終わっていて、あっという間に縦竹が立っていて、仕事の素早さに感心しました。
 縦竹が打ち終わったら、みんなで横竹をだっこちゃん結びをしました。まゆちゃんが結び方を教えてくれて、みんなで確認してからとりかかりました。2人1組になって、結んでいきました。しばらくして、私は竹運びの役割になったので、だっこちゃん結びは今回はする機会がなくて、8の字結びを2回だけさせてもらったのですが、結べたときは嬉しかったです。
 みんながだっこちゃん結びをしているなかで、なおとさんがすごく速く結んでいて、速くてもしっかりと結ばっていました。1箇所結ぶのに1分もかかっていなくて、本当に速かったです。なおとさんはだっこちゃん結びが得意なようです。ポイントを聞いてみると、左手を上手く使うことがポイントだと教えてくれました。左手でスズランテープを誘導させるのがコツのようでした。
 私もまただっこちゃん結びができる機会があればやってみたいなと思いました。
 私は主に竹運びをさせてもらっていて、古吉野から畑を往復するたびに、支柱がどんどん立っていくのが見えて畑の景色が変わっていくのがすごいなと思ったし、嬉しかったです。
 きりのいいところまで進められたようで、お仕事組さんたちとも一緒に作業ができてよかったなと思います。
 今年も沢山キュウリが定植されるんだなと思って、楽しみだなと思います。

 今日は昼食にりゅうさんが作ってくださった春の天ぷらが出ていて、みんなでいただけて嬉しかったです。アスパラとタケノコの天ぷらは初めて食べたのですが、美味しかったです。天ぷらは、やっぱりりゅうさんだなと思って、嬉しかったです。