4月26日(日)「未来の作物を見据えて ――イチジクの手入れ&キュウリの支柱立て――」

4月26日のなのはな

 

DSCN9999 イチジクの手入れを行いました。 
今回の作業メンバーは、 
のりよちゃん、なつきちゃん、私の3人です。 
まずは、駐車場横の成木8本の 
カミキリムシ対策を行いました。  DSCN9996  DSCN9994 カミキリムシの幼虫が 
イチジクの枝の内部に住み着くと、 
枝に穴をあけてしまいます。 
カミキリムシの幼虫があけた穴に、 
スポイトを使い、殺虫作用のある液体を 
流し込んでいきました。 
イチジクは、4月の半ば頃から芽吹きはじめ、 
少しずつ葉や実の形が見え始めています。 
日々、変化や成長が感じられ、愛おしく思えます。

DSCN0012

カミキリムシ対策のあとは、 
イチジクまわりの草刈り、草取りを行いました。 
ここからは、いったん二手に分かれます。 
のりよちゃんが草刈り機を使い、 
駐車場横のイチジクまわりの 
草刈りをしてくれている間に、 
私となつきちゃんは、 
イチジクの挿し木の苗床の草取りをしました。 
 

挿し木の苗床の草取りを終え、 
駐車場横のイチジクの木の方へ戻ると、 
のりよちゃんが綺麗に草を刈ってくれていて、 
その光景に気持ちがスッキリしました。 
イチジクの手入れが進められたことが、 
嬉しかったです。

(あやか)

***
古畑で育てているブルーベリーの草取りもしました。 
ブルーベリーの実の形になり始めています!  
DSCN0001

DSCN0004 
     
***     
P4260112
キュウリとオクラの支柱立てを進めました。 
大人数で畑に竹を運び、 
傾斜がついているベッド畝の横に 
みんながずらりと並び、作業に取りかかりました。 
私は今年、キュウリの担当をしているため、 
念願の作業でもあり、 
良いスタートダッシュを切りたい思いで 
いっぱいでした。 まずは縦竹を運んで挿していく人と、 
その竹をかけやで打ち込む人の 
二手に分かれました。 
P4260102
私は前者のチームで、 
キュウリの長い滞在時間を 
いかに心地良いものにするために、 
なるべく太さのあるしっかりとした 
2メートル竹を選んで畝の上に挿していきました。 P4260084まるで野菜の建築家になったような気分で、 
野菜の将来を考えながら作業していると 
わくわくして仕方がありません。 
人数も多かったため、 
広い中畑でも一瞬に緑輝く縦竹がずらりと並び、 
景色がどんどん変わって行きました。 続いては横竹の設置。 
支柱立て作業定番のスズランテープを使った 
「だっこちゃん結び」と「八の字結び」で 
横竹を2段、固定しました。 

P4260115
私はこの作業が何より好きで、 
何時間でもやり続ける自信があります。 
みんなは0.1ミリも緩みや隙間がないように 
スズランテープをきつく結びつつ、 
どんどんスピードを上げて行きました。 
作業に夢中になっていた自分に取って、 
本当にあっと言う間で、 
少し名残惜しいくらいでした。

P4260119 
完成した畑は本当に芸実作品のように 
立派で、誇らしく思いました。 
濃い緑でつやのある竹に結ばれた 
ピンク色のスズランテープは 
まるでクリスマスツリーにつける 
オーナメントのような可愛い飾り付けに見えました。 
しかし、この可愛いスズランテープには 
これからキュウリの蔓を 
何ヶ月も支えてもらいたいという 
みんなの願いが込まれていると考えると、 
ますます誇らしく思えます。 
キュウリのために良いスタートダッシュを切れて、 
とても嬉しいです。 
キュウリも苗床で、きっと喜んでくれると思います。 

(えりさ) 

***
滝川横畑でキャベツの追肥もしました。 
キャベツが順調に成長しています!
P4260008 

P4260012  
***
P4260006
今週末から3日間レクレーションを行ないます 。
数種類のゲームを各チームで担当し、 
ルールや進行などを考え準備をしています。 
担当するゲームをいかに面白くし 
どう楽しんでもらうか、 
1人ひとりがエンターテイナーとなり、 
面白いレクレーションを企画していきます。