「夢中になって草を刈り」 さき

4月24日

〇草刈り

 よく晴れた日は、草刈りが最高に気持ちいいです。
 今日で3回目となる今回は、ゆりかちゃんを始めなのはなのベテランの人たちと一緒にしました。
 毎回、色いろな人と草刈りができて嬉しいです。

 今回は草刈りを進めることに重点を置いてやりました。
 私は、教えてもらったことを思い出しながら、上手い人になりきるつもりで草刈りに向かいました。

 まず、開墾17アールの桃畑で、桃の木の間を刈りました。
 畝がボコボコしていて難しいですが、地面を削らないように少しずつ動かして、優しく刈るようにしました。
 斜面は下にはいていくだけなので、やりやすく感じました。
 草刈り機でスパッと切る瞬間が爽快で、とても気持ちよくて楽しかったです。
 私は、桃の木の一列を進め、今日は前回よりかなり広範囲を刈ることができました。 

 開墾畑が終わって残り1時間で、池上桃畑へ行きました。初めて刈る畑なので、ワクワクしました。
 池上桃畑は、割と平坦で石が少なく、刈りやすかったです。1、2時間刈るだけでも、最初と全然違って、だんだん慣れてきました。
 楽しくなってきたところで、草刈りし放題の豊富な草を見て、刈りたくなりました。

 刈り始めて間もなく、(なんて気持ちがいいんだ。草刈りって、楽しい!)と思いました。どこまでも刈れそうな気がして、夢中になって草を刈り続けました。
 畑の端まで行き着いたところで、後ろを振り返って見てみました。
 すると、一列に並んだ草の山があって、感動的に嬉しかったです。
 草刈りがしやすい畑ということもありますが、どの畑でも上手い人はいつもこんな感じなのだろうなと思いました。私ももっと上達したいです。

 今まで草刈りのことは全然知らなかったけれど、こんなにも楽しいのだと実感しました。
 まだまだ不慣れで下手くそなので、これから上達していきたいです。