「いつも最大限」 れいこ

4月24日

 今朝もとてもスッキリと目覚められて、ピピピというアラームが心地よく感じられました。
ここ数日、本当にぐっすりと眠れるので、寝覚めもよくシャキッとして、嬉しいです。

 午前中には新しいやり方で、肥料撒きをしました。
 畑の新システムになり、チーム関係なく、大人数でどんどん効率よく作業を進められるのが、楽しいなと思います。
 私たちは初めに、4枚の畑に、肥料をまくというミッションがありました。
牛肥はアスパラチームのみんなが回ってくれて、私たちはそのほかの肥料を、撒いていきました。
時間配分や役割分担も未知な部分が多く、ドキドキしたけれど、とにかく肥料撒き機動隊!になった気持ちで、全力で頭と体を動かしました。
 予定よりも大分早く、40分ほどで全て肥料撒きを終えることができて、次に竹運びをしました。明日、マクワウリの支柱に使う2メートルと6メートルの竹を用意しました。
 さらに、気になっていたハウス周りの草取りもすることができて、とてもスッキリしたし、これは敷草にも使えそうで嬉しかったです。
最後は、他の作業にも分かれられて、良かったなと思いました。
 午前はちょっぴり、空気作りが難しいと感じたけれど、さやねちゃんやなつみちゃんがずっと笑顔でいてくれたので、心強かったです。
私は今までだったら、リーダーをしていて、少し大変そうな人がいると、気持ちを保つのが難しかったけれど、今日は全然違いました。
 というより、最近、一皮むけたんじゃないかなと感じています。
 この数日、集合のお話で、「自分をゼロにする」ということを教えてもらって、その言葉が心の中でずっとこだましていました。
 自分をゼロにして、野菜のことだけを思ったら、言うべきことは言う!やるべきことはやる! とメリハリをつけて考えられるようになって、とても動きやすくなりました。
 同じように、畑のリーダーや当番や掃除でも、今、目の前の役割に精一杯やれていると思えるので、余計な心配をすることもなくなります。
 野菜のために、相手のために、いつも最大限、自分を使っていきます。

***

 午後の後半から、マクワウリの畝立てをしました。
 今朝、肥料撒きした吉畑奥で、明日の午前に畝を立てる予定だったのですが、急遽作業が入れ替わってできることになって、ドキドキしたけれど嬉しかったです。
 そして、大人数で他の作業を終えて、1時間半後から、ということだったので、斜畑下でニンジンの草取りをしながら、まだかなまだかなと、時々吉畑奥を見上げていました。
 15時45分頃、ピンクジャンパーのみんなが続々と歩いてきてくれるのが見えて、ダッシュで坂を駆け上がりました。
 今回は、幅1.5メートルで、南向きに傾斜のついたベッド畝をつくります。長い畝4つと、短い畝2つです。
 みんなに、畑全体と畝のイメージを図で説明しました。
 ふと顔を上げると、そこには永禮さんの姿もあって、おそろいのピンクジャンパーを着ておられました。
 永禮さんやみんなが、とても明るい表情で話を聞いてくれて、私もパワーがみなぎってきました。
 作業時間は、実質1時間強。
 吉畑奥は比較的広い畑だけれど、これはいける! と思いました。
 なぜなら、畝幅が広く、長い辺は8辺だけなので、土を上げる場所はそんなに多くないからです。
 大人数で作るけれど、まるで、1人だけで作ったかのように、継ぎ目の見えない真っ直ぐな畝を目指しました。
 1つひとつの畝が大きいので、ダイナミックな感じがして、まるで畑に小さな都市を開拓しているような気分でした。
 上げられる土が少ない分、底がつるつるになるところまできれいに上げたい!と思って、じょれん部隊を作りました。
 じょれんの幅がちょうど30センチで、畝幅にピッタリなことを発見して、畝間がきれいになると畝のラインもきれいになって、最高のアイテムだなと思いました。えつこちゃんとよしみちゃんが、じょれん部隊をしてくれました。
 畑の中央に1本、排水のための溝は、さくらちゃんが作ってくれました。畝の端っこは、つきちゃんが作ってくれました。
 みんなで美しさを追及できる畝立てが、最高に楽しかったです。
 ほしちゃんが「これ、めっちゃ楽しい」と言ってくれて、私もものすごく嬉しかったです。
 いよいよ、山場の畝慣らしです。
 低いところで10センチから、高いところで30センチになるように傾斜をつけました。
 当初は、下から上に向かって引き上げるのがやりやすいかなと想像していましたが、実際には押し上げるほうがきれいにできました。
 さくらちゃんやゆきなちゃんは、左官職人みたいに、軽やかで美しい手つきでした。
 他の作業のみんなも続々と合流してくれて、最後の1分まで「クワありますか?」「入れますか?」と声を掛けてくれるのが、本当に嬉しかったです。
 そして、4時55分全ての畝が完成して、みんなと畑を見渡して、とても誇らしい気持ちになりました。
 みんなのお陰で、最高にいい畝ができました。
 マクワウリも喜んでくれるかな、と思いました。
 明日、午後から支柱立てをし、畝を焼いて、27日に定植予定です。
 最後まで集中して、マクワウリにすてきな居場所を作ってあげたいです。

 

***

 ほかにも、今日はしなこちゃんたちがニンジンの草取りや大玉トマトの芽かきを進めてくれて、嬉しかったです。
小さなニンジンも、本葉3~4枚になり、軸はしっかりとしてきました。
ふわふわの葉っぱはやっぱり可愛らしくて、妖精みたいに魅力的です。
 梅林奥奥のレタス第1弾も、着実に大きくなっていて、今はげんこつ2個分くらいの大きさです。葉っぱが柔らかくて、ツヤツヤしていて、ついぷにぷに押したくなっちゃうくらい可愛いです。
 また、昨夜は、私のパソコンの上に見覚えのない本が置いてあって、(誰のだろう……?)と思っていたら、「あけみちゃんが、れいこちゃんにって言ってたよ!」と教えてくれました。
 「栄養の教科書」という本で、アミノ酸とかビタミン類とか、色んな栄養素のことがイラスト付きで詳しく説明されている事典を図書館で借りてきてくれていました。
 私は最近、アミノ酸の研究に凝っているので、あけみちゃんの心使いが、とても嬉しかったです。
 今夜もぐっすり眠れそうです。おやすみなさい。