「人のために」 えみ

4月23日

*アスパラの収穫

 今日は前回雨が降ってできなくなってしまったアスパラガスの収穫に行きました。最初は桃横畑ともう1枚畑をまわって牛肥をトラック4分の1杯分ずつ撒くという作業をしました。人数は少なかったのですが、畑1枚当たり4回に分け、てみに牛肥を入れて畑までバケツリレーをしてみんなで撒くようにするとすごく効率が良くて大体1時間ぐらいで終わらせることができました。のりよちゃんの指示も的確で聞きやすく、自分もそんなリーダーになりたいなと思いました。
 アスパラ畑には前回草取りに行った時にはまだ収穫基準に達するようなものは見られなかったのですが、今日行ってみると大分成長していて初めて収穫を手伝わせてもらうことができました。バカ棒を片手に長そうなアスパラと背丈を比べ、十分な長さであったら剪定鋏で切り取ります。のりよちゃんに取れたばかりのアスパラの切り口のにおいをかがせてもらうとアスパラ特有のいい匂いがしました。アスパラガスは土から出てきたときの太さでそのまま伸びていくそうで、まだ背丈が低いものでも細すぎるものは取ってしまいます。少しもったいないような気もしたけれど、大きいものに栄養を与えるためだと知って納得しました。今日は収穫の後少し草取りもしたので、どんどん栄養を吸収して大きく育ってほしいです。
 
 5時から6時の時間では、明日霜が降りるかもしれないということでレタス畑にビニールをかけたいとりなちゃんからみんなに呼びかけが入りました。最初は洗濯物の取り込みをしていたメンバーで行こうということになったのですが、あとからもどんどん人が集まり、人数がいるとあっという間に作業が終わりました。なのはなの子のいつでも誰かのためになりたいと思って行動できるところ、そしてそれが当たり前になっているのが素敵だと感じました。私もみんなを見習って人のために動いていこうと思います。