「前へ」 まち

4月23日

 昨日の集合で、お父さんがおっしゃっていた話が胸に刺さりました。自分の内側で物事を考えない、自分をゼロにする、自分で自分を評価しない。質問で、自分が役に立っていないと思うと自己否定に陥る、というような内容で、私はそれに強く共感したのですが、あゆちゃんが、うっすら競争意識が残っていて、なのはなにいることの本質が見えていない、と言っていて、それに対しても納得しました。とにかく全力を尽くすのみだとお父さんは仰っていて、全力を尽くしていたら役に立っているかどうかなんて考える余裕がないのだと。お父さんは、きっと、守るべきもの(私たちやなのはなファミリーの存在)があるから、自分を振り返って役に立っているかどうかなんて気にしてる暇なんてないのだと思いました。前に進むのみ。終わったことは反省もする必要もなくて、前に進むのみ。守るべきものや正しい使命感があると、自分がどうかなんて考える余裕なんてないのだと思いました。

 それが、あるべき姿なのだと思いました。自己否定とか、自分のことを振り返って考えるすき間もないくらい、利他心でいっぱいになって、前に進んでいかないと、本当の意味で治らないと思いました。人のために自分は何ができるか。能力とか関係なくて、今の自分で人に喜んでもらうにはどうしたらいいのか。人を守るために、今の自分で何ができるのか。自分をゼロにして、相手100%にして、生きていく。生活していく、そうすれば、自分なんて見えなくなると思いました。悲観的になっている余裕なんてない。人が楽しそうにしていたり、喜んでくれただけで幸せ。私も、そうありたいし、そうなります。自己否定なんて、結局は自分大好きで甘えているだけな気がしました。人が喜んでくれたらそれでいい。人からどう思われているかなんて気にしないし、自分を評価することもない。正しく、人のために働いていく。本質を理解して、なのはなで過ごしていきたいし、生きていきたいと思いました。昨日の集合も、今の自分に染み渡る、タイムリーなお話が聞けて嬉しかったです。

 午前中はゆりかちゃんと水遣りの作業をしました。崖崩れハウスのミニトマトと、第一鉄塔のサトイモです。空けたいタンクの水の量を考えながら、水遣りをすると、ちょうどの量で終わらすことができたし、予定より早く終わらすことが出来て嬉しかったです。畝の切り替えのときが大事だと思っていて、そのときにいかにスピードを落とさずテンポ良く移動できるか。無駄をなくして動くことができるか。今日はそれが成功して嬉しかったです。

 やよいちゃんとニンジンとショウガの水遣りをしていると、不織布からニンジンの葉が見えて、幸せな気持ちになりました。ニンジンの葉は、お父さんが好きなコスモスの葉に似ているので、ニンジンの葉を見つけただけで穏やかな気持ちになりました。幸せのシンボルだと思いました。

 午後も草刈りの練習をゆりかちゃんとさせてもらいましたが、ゆりかちゃんの醸し出す空気がとても柔らかくて、本当にその空気が有り難くて、憧れました。いつも優しくて包み込んでくれているような感覚があって、その空気に救われました。私も、ゆりかちゃんみたいに、コンディションが良くない人が、その空気に救われるような空気作りができるようになりたいし、ゆりかちゃんに救われたことを考えて、変わっていきたいと思います。

 夕方のハウスミーティングの時間も嬉しかったです。私は、良い仕事がしたいんだ!この苦しさの原因はなぜだったのか、分からなかったのですが、お父さんが答えてくださって、自分の心を突かれた気がして、そうだったのだ、と分かりました。良い仕事がしたいから、苦しい。ホームラン王の王さんでさえ、人生で一発のみ。会心の出来はめったにないものだから、罪悪感はあるものだ。それを認めた上で、良いように変わっていけるように努力します。そして、もっと人と気持ちを添わせて、良い動きができるようになります。お父さんは、こう答えてくださった、でも、私にできないだろう、とは言わなかった。だから、私はできるのだと思います。努力すれば、訓練すれば、できるようになる。できなかったら、お父さんはそんな言い方しないです。お父さんがおっしゃることは、全部叶う。だから私も大丈夫なはず。

 私は安心して、ここで過ごすことができています。もう何も心配がいらない。もう安全です。

 ちゃんとするぞ!ちゃんと毎日楽しんで、毎日成長していきたいです。今日、お昼のABパターンでなのはなの湯を掃除しているときのもえちゃんの笑顔が素敵だった、と思いました。いつも笑顔だけど、今日は、本当に心から笑っている感じ。私の気のせいかな、と思ったのですが、今日のハウスミーティングで、もえちゃんが本を最近読めるようになってきた、と言っていたので、気のせいではなく、本当に、もえちゃんの心が変わってきているのだと思うと嬉しかったです。なのはなにいれば、確実に、良い方向に向かっていく。もえちゃんの姿も、私にとって希望だと思いました。近くにいさせてもらえることが嬉しいです。

 なのはなにいさせてもらっている本質的な意味。それに毎日感謝しながら、正しく生きていきたいです。お父さんとお母さんから頂けるありがたいお言葉や温かみをちゃんと受け取って、みんなで、良い方向に向かっていけますように。明日も楽しんで、生きていきます。読んで頂いてありがとうございました。