4月23日(木)「野菜の成長とともに ――絹さやの収穫&キャベツの手入れ――」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月23日のなのはな


絹さやの収穫をしました。
絹さやが植わっている畑に着くと、
紫色の花をつけた品種と、白色の花をつけた品種の2種類の絹さやが、
つるを伸ばして葉を青々と茂らせていました。  さやが7センチ以上の大きさになっているものを収穫しました。
この品種は、高さが1.5メートル以上になっており、
畝を挟んで2人で向かい合って収穫していると、
向かいの人の顔がほぼ見えないほど葉が茂っています。
そのため、葉のかげに隠れている絹さやを収穫し忘れないよう、
色々な角度から見て確認しながら収穫を行いました。
収穫していて品種によって、さやのふくらみ加減が少し違いました。
プックリとして厚みがあるものもあり、そんな違いも見つけられて嬉しかったです。
最後に、数人で収穫した絹さやを1つの収穫カゴにまとめたとき、
どれも柔らかな黄緑色でツヤツヤとして綺麗でした。
自分の背丈を越すほどの大きさに育った絹さやに囲まれながら
自分にとっては今期初めての絹さやを収穫する時間が
とても嬉しかったし、次に食卓に並ぶ日が楽しみです。
 
 (ひなの)
 
   ***
〈いいとこ下畑で育てているミズナの草取りもしました。 緑色と紫色の品種があり、新鮮なミズナが食卓にも並びます!〉
 
 ***
  キャベツ第3、4弾の追肥をしました。
滝川横畑に植わっていて、みんなで『滝川のおきな』と名付けたキャベツです。
草取りをして、牛肥と化成肥料を追肥して、中耕、土寄せをしました。
今、葉は6枚くらいついています。
化成肥料と牛肥を株の周りに円上にまいて、
栄養が株の周りにあると安心した気持ちになりました。
葉が結球するときに、大きなエネルギーを必要とすると思うので、
この日の追肥が力になってくれたらいいなと思いました。
永禮さんがエルフに積んである牛肥を運んでくださって、一緒に作業できて嬉しかったです。
他の作業をしていた人も、作業が終わってから来てくれて、
みんなで追肥、中耕、土寄せを終わらせることができました。
第1弾は結球が始まりそうで、これからもみんなと手入れを進めていきたいです。

(ふみ)

   

***
 
 
〈ゴールデンウィークのレクリエーションに向けて、 みんなで準備を進めました! 各チームにわかれて、レクリエーションの道具の準備や 進行、会場整備の計画などをしました〉