「優しい余韻」 りな

4月22日

 今日は一日摘花の作業に入らせてもらいました。あんなちゃん、ななほちゃん、まあちゃん、まきちゃん、ゆいちゃんと一緒です。桃の作業は相変わらず気持ちが引き締まるけれど、あんなちゃんが作ってくれる空気がとても柔らかくて、リラックスして作業しました。

 今日は、開墾26アールの桃畑に行きました。昨日の草刈り講習会の名残があって、ところどころ、草が刈られているところがありました。桃の木の元は、一昨日にあんなちゃんやまあちゃんと一緒に草を刈って、敷き草がよいぐらいにしなびていました。
 畑の周りに高い桃の木があって、ところどころに低い木がありました。あんなちゃんから、白鳳という品種だよと教えてもらいました。高い木は、葉っぱが他の品種よりも茂り始めていて、その中にぽつぽつと桃花のような花のガクがあって、とても可愛かったです。

 高い木は、段のたくさんある脚立を初めて使いました。これまで4段ぐらいのものしか使ったことがなくて、4段目に登ったら倒れそうで少し怖かったけれど、脚立が大きくなると、安定感が全然違って、同じ高さに登っても全然怖くありませんでした。
 高さに怖さもあまり感じなくなって、脚立に登るのが、アスレチックに登っているような感じがして少し楽しかったです。でも、大きくて持ち運びとか、配置の場所が難しくて、もっと高い9段の脚立を使っているあんなちゃんがすごいと思いました。
 
 少し慣れてきて、夢中になって摘花をしていました。すると、あんなちゃんが「全体のスピードがどんどん速くなってきています」と言ってくれて、とても嬉しかったです。あんなちゃんの手つきは、摘蕾みたいになでるように摘花していて、でもとても力加減が優しくて、あんなちゃんを見習いたいなと思いました。
 背の低い木に入ったら、小回りのきく低い脚立が大活躍しました。みんなで1つの木にとりつくと、すぐに1つの木の摘花が完了して、どんどん進んで行けることがとても気持ちが良かったです。
 ガクをとると、つるっと桃の実が見えることがありました。品種にもよるかもしれないけれど、昨日よりもひと周りぐらい大きいような気がして、嬉しかったです。また、双子の実も見つけて、みんなに見せるとななほちゃんも「同じの持ってる!」といって、ポケットから双子の実を見せてくれて、ハッピーな気持ちになりました。あんなちゃんが、加納岩白桃や白鳳は、双子の実をまれに見ることを教えてくれて、こんなに小さなうちからみたことなかった! と言ってくれて嬉しかったです。
 摘花の作業をしていると、時間があっという間で作業から古吉野に帰ってきても、まだ桃畑の優しい余韻が残っています。集中しているので、今日もよく寝れそうです。

 ゴールデンウィークの準備がいよいよ始まりました。もうこんな季節なんだとびっくりです。私は、ウォークラリーの実行委員になりました。ウォークラリーでは、山菜採りやタケノコ掘り、チェックポイントでのクイズなどをします。去年はそれに加えてくくり罠をかけたり、「色」をテーマにしたクイズなどがあったらしく、今年ももっと面白いゲームが考えられたらいいなと思いました。

 5時6時の時間で、ウンディーネのハウスミーティングが出来てとても嬉しかったし、夜の集合も、たくさんのお話を聞かせてもらえてとても嬉しかったです。お父さんのお話を聞いていると、悩み事の何もかもがちっぽけに思えて、元気が出るなあと思いました。

 明日も精一杯頑張りたいです。