「出来ることなら」 あやこ

4月22日

 草刈りをしました。まりこちゃんと2人で、第1鉄塔畑を終わらせる目標でした。
 よくやるのが、1つの斜面を1人担当制というものなのですが、今日は1枚の畑にある斜面を、2人で確実に1つずつ終わらせていくというやり方をしました。
 私は、斜面が得意だとは言えないです。そりゃ、平面の方が楽だとは思います。でも、大きな斜面を下から刈っていって、その上にある平面に到着してから刈るその平面の楽しさは、普通に平面をやるよりも、3倍増しになると思います。私は、斜面の上にある畦や、道路ぎわは、斜面を頑張ったご褒美だと思っています。そのご褒美の平面刈りがあるから、どんな斜面だって頑張れます。

 午後の作業時間は2時間で、2人で時間内に終わせることが出来ました。すごく嬉しかったです。
 草刈りが好きです。朝、昼、晩と、1日中ずっと草刈りをしていたいです。草刈りで感じる疲れなら、いくらだって感じたいです。エンジン音、手に伝わる振動、全てが心地よくて、目の前の雑草が粉々になることが気持ちいいです。そして、自分が通った後が、どんどんきれいになっていくことで、私の心が洗われていくような気持ちになります。終わったあとに、きれいになった畑をみるのが最高です。刈っていると、雑念が消えます。何もかも忘れて無心になれます。集中できます。
 やっていると、草刈りほど楽しいものは無いと、いつも思います。
 本当は、出来ることならこれからもずっと、おばあちゃんになっても草刈りをしたいです。そんな職業があったらいいのにって思います。