【山小屋便り4月号】「【Bチーム】美味しいブロッコリーを食卓へ!」 チームリーダー まゆ

 Bチームでは、ブロッコリーの収穫が始まり、みんなもブロッコリーが大好きです。

 頂花雷は平均して1株500グラム前後と、ボリューム感があり、歯ごたえも抜群です。頂花雷の茎からは、ぽこぽこと側花雷が顔を出していて、可愛いです。

 気がついたら、ブロッコリーを定植してから約半年間が経っていました。長かったけど、過ぎてみると一瞬でした。

 小さい苗を見ても、定植しても、この葉っぱがどのように成長し、ブロッコリーとなるのか、全く想像できませんでした。

 チームの集合で、「ブロッコリーは、土寄せが重要なのでしっかりしたい! しよう!」となったけど、土寄せをするには防虫ネットが邪魔でした。

 前年はとても暑かったので10月に入っても害虫被害があり、防虫ネットが必要でした。

 両サイドから土寄せを行うために、片側ずつネットをめくり、管理機をかけ、クワで土寄せしてネットを閉めました。

 この方法で2回土寄せを行ったのですが、効率が良いとはいえませんでした。

 そこで、11月に入ってから、思い切ってネットを外し、その代わりに害虫チェックの頻度を増やしました。

 12月に入っても、気温が10度以上ある日があって温かかったので、害虫がひつこく存在していました。ブロッコリーを守るため、心を鬼にして捕殺していきました。

 害虫チェックを増やしたおかげで、防虫ネットをとってもブロッコリーの害虫被害が広がらずにすみました。

 追肥は主に牛肥でしたが、一度だけみんなで作ったお手製の米ぬかぼかし肥を追肥しました。

 今こうしてたくさん収穫できているのも、この半年間みんなで積み上げてきた手入れがあってこそだったなと、振り返ってみて思います。

 そして、いよいよ、絹さやの収穫が始まりつつあります!

「まゆちゃーん! 絹さやにさやが付いてるー!」と、絹さやの見回りに行っていたひろこちゃんが報告してくれて、チームのみんなで畑へ見に行きました。

 そのときは2つ、さやがなっていて、嬉しかったです。

 やはりこの冬は温かかったので実を付けるのが早いなと思いました。

 実をつけ始めると、毎日収穫する野菜なので、栄養切れにならないために1週間ごとに化成肥料を追肥しています。

 畝が固いのが少し気になるのですが、追肥や水やりで栄養が行き届くように頑張ります。毎日の見回りも続けていきたいです。

 

***

ホウレンソウの収穫もしています!