「覚悟を決めて」 しなこ

4月20日(月)

 午後にすだれ作りをしました。
 盛男おじいちゃんに教えていただいた方法になってからのすだれ作りは初めてだったので、すだれ作りをさせてもらえて嬉しかったです。
 今日は体育館で作業をしていたのですが、すだれ作りのセットがされていて、すだれ工房のようでした。
 まえちゃんにやり方を教えてもらって、3人1組で作っていきいました。2人は編んでいって、1人は根笹を置いていく役割でした。私はさやちゃんと、かなちゃんと一緒にさせてもらっていました。
 根笹を置いていく人が台の上(コンテナ)に置いたら、2人は編んでいきます。このスピードが速くて、「はい」→「はい」とテンポもよくて、餅つきで餅をつく人と、餅を返す人のような感じで、テンポよく進んでいくのが楽しかったです。
 今はビニールハウス用に2メートルのものを作っていて、それが約30分ほどでできて、短時間で完成することに驚きを感じました。すごいなと思うし、どんどん進んでいくと楽しくなっていて、嬉しかったです。
 かなちゃんが根笹を置いてくれて、さやちゃんと私が編んでいったのですが、かなちゃんがテンポ良く次から次へと根笹を置いてくれて、根笹の方向も交互にしてくれて、すごくやりやすくて、嬉しかったです。
 かなちゃんは、根笹の束から、すだれに適した長さや太さの根笹を瞬時に見分けて置いてくれていて、どんどん編むんでいくことができて、嬉しかったです。
 5時までに4セットと途中のものを2セットつくることができて、沢山作れて嬉しかったし、楽しかったです。
 午後のすだれ作りは6人の2チームで7セット作ることができたようで、沢山できてよかったなと思います。

 夕方にはハウスミーティングもあって、お父さんに話を聞いてもらえたり、お父さんお話を聞かせてもらえて嬉しかったです。
 私は何かを始めるときに、いつも怖い気持ちや不安な気持ちがあって、今回、畑の新システムになって担当野菜が決まったときからも不安で怖い気持ちであることを話させていただきました。
 誰だって怖さや不安はある。怖さや不安はあるのが普通だと思えばいいとお父さんが話してくださいました。
 みんな、怖さや不安の中でも、前に進んでいる。自分も怖さや不安はあるけれど、やらなければ何も始まらないなと思って、覚悟を決めて頑張りたいと思います。
 その中で成功したり、嬉しいことがあったら、そのときの喜びはとても大きなものになって、成功体験が自信になっていくんだろうなと思います。 
 あと、自分が担当している野菜たちが畑でどんな風に実るのかイメージを持っていたいなと思いました。
 大玉トマトは、ハウスの中で支柱が立てられているところ全部に真っ赤な実が沢山なっているのを想像するし、二重ハウスの果樹は、今よりももう少し株全体も大きくなって、緑の中で、星型の実が大きくなっているのを想像します。バンペイユも、樹が大きくなって、花が咲いて、黄色くて大きな実ができるのを想像します。
 そうなるように、自分も頑張りたいなと思います。