4月19日(日)「完成間近! 2019年ウィンターコンサートブルーレイ・DVDのチェック」

4月19日のなのはな

DSC02991
レオナルド・ダ・ヴィンチと3人の精霊、そして 
明石とジャンの物語が、初めて 
大画面の中で紡がれていきました。

この3月から、私たちは 
2019年 なのはなファミリー ウィンターコンサートの 
映像と音声の編集を進めてきました。 
今日は、そのチェックを行ないました。 
音声は、さとみちゃんとみくちゃんが中心となり 
エスオーエムクリエーションの、 
竹内さんのご助力を頂きながら編集しました。 
映像は、コンサートに向けて毎年、 
東京から駆けつけてくださる大野さん、大竹さん、 
そして、りゅうさんとなっちゃんが撮影をしてくれたもので 
4つのカメラアングルを組み合わせたものです。 

DSC02780
 

現時点で、前半1時間43分、 
後半1時間52分の長編ですが、 
魅力的な登場人物たちが演じる、 
お父さんの脚本の言葉たちと、 
演奏、ダンス、それらに華を添える衣装、 
舞台背景、照明がさまざまに表情を変えながら 
展開していくコンサートに、画面の内外から、 
何度も暖かい拍手が起きました。

私は映像の編集をさせてもらいましたが、自分でも 
画面を遠ざけて客観的に見るのは初めてだったため、 
みんなに見てもらうことに、緊張する気持ちがありました。 
しかし、お父さん、お母さんが、 
「とても面白かった。あと少しの手直しを加えるだけ」 
と話してくれて、安心しました。

DSC03005
〈動画の編集を助けてくれる  マックプロです。  4K画像のデータもスムーズに  処理してくれます〉

  
  
映像の編集は難しく、楽しいです。 
大野さんたちが、4時間の公演の間、 
舞台に集中しつづけ、 
演者の動きや構図を気遣いながら 
撮影してくださったビデオを、私は 
画面のうえで同時に流しながら、操作し、 
つないでいくことができて、 
いいとこ取りをしてしまって、でも 
なんて面白い作業だろうかと思います。

DSC02977

編集が拙ければ、 
台詞の意味や、登場人物の気持ちを 
損なってしまうかもしれません。 
もしかしたら、その場面を捻じ曲げて 
演出することになってしまうかもしれません。 
しかし、構図やカット割りが 
物語と、見る人の目線に沿ったものであれば、 
感動と、なのはなファミリーのコンサートならではの 
魅力がある映像にすることができると思います。

今日、コンサート全編を通して見て、 
全体として楽しめる構成になっているのではないかと思い、 
ほっとしています。 
夜に、お父さん、お母さん、さとみちゃん、みくちゃんと、 
改善点について確認をしました。 
しっかりと、最後の詰めを行なっていきたいです。

これから、若干の調整、 
パッケージのデザイン等が残っていますが、 
「もうすぐ完成しますか?」「楽しみにしています」と 
言ってくださっている、たくさんの方に 
早く、奇麗な形でお届けできるよう、 
作業を進めていきます。

(かに)

     DSC02600
いつも開墾作業や田んぼの作業で助けてくださる地域の方が 
なのはなへ来て下さり、日ごろの感謝を込めて演奏をしました。 
畑や田んぼ以外の活動を見ていただけたことや 
日々の感謝の気持ちも表現できて嬉しかったです。

DSC02619