「最後まで球を見たら」 ゆきな

4月18日

 リレー大会をしました。
 好きな色で決めてチームで、出会ったメンバーは今回だけの特別なチームです。
 お仕事組さんのまことちゃんがいて、明石さんとジャンさんもいて、賑やかに思いました。
 犬走り、卓球の球打ち、ソフトバレーでのアンダーパス、普通のリレー、スキップ、ダンスリレー。
 個人的に意外だったのは卓球の球を打ちながらのリレーです。
 球を落とさずに体育館を一周できてしまいました。
 ただ球を見続けて、人やコーンは視界の端で感じて避けて通る。
 バレーと同じように最後まで球を見たらゴールラインまで行けて、快感でした。

 ダンスリレーでは、『グロウン・ウーマン』の振りをしながらのリレーでした。
 あけみちゃんが演奏で見せるような満面な笑みで踊っていたり、なおちゃんが最後の1人でアンカーで走ったときはみんなから手拍子が起こり、ゴールに着いたなおちゃんはみんなにお辞儀をしたりしていました。
 そういうサービス精神がなんだか素敵に思えました。
 
 最後にはジェスチャーリレーもありました。
 リレーコースを走ったら、お題のジェスチャーをして相手に伝える、その相手も走って次の人にジェスチャーをするというものです。
 私たちのチームはなのはなのオリジナル曲『ルナ』がお題でした。
 お題を知っているのは初めの第1走者だけで、あとは自分たちが相手を読み取ります。
 私がえつこちゃんから伝えられた動きは、キーボードを演奏している人がいて、歌を歌っている人がいて、手を上げてダンスをのような動きをしている人がいる。
 なのはなの演奏かな、と思いながら、次の人にジェスチャーしました。
 後から考えるとこれは『ルナ』だ!と分かるのに、いざリレーで自分の番になると頭が走って、落ち着いて考えることができなくて、ジェスチャーゲームが簡単そうに見えて難しい面もありました。
 最後の方になると、なぜかダンスが『イケイケ人生』の振りの一部に変わっていて、これはどうなってしまうのだろう、と思ったら、最後の回答者なおちゃんが『ルナ』と答えました。
 キーボードはみくちゃん、歌っているのはあゆちゃん。
 2人で演奏する曲でそこにダンスがつく。その曲は、なのはなのオリジナル曲。
 なおちゃんが、1つ1つ推理して、イメージを膨らませて答えを出している姿がウィンターコンサートの明石さんに見ました。
 大正解で、緑チームみんなで大喜びでした。

 リレーをして笑ったり、身体を使ったりすると自分の中身がすっきりします。