「普遍性を掴み取る」 まみ

4月18日

「すぐに謝ってしまうのは、生き方がそういうスタンスだから」
 お父さんが教えてくださいました。
 いつの頃からそうなったのか、もうわからないけれど、私はずっと、なぜ自分はすぐに謝ってしまうのだろうと思っていました。
 ハウスミーティングでお父さんが教えてくださって、私はこれまで何にも責任を持たずに生きてきてしまったと思いました。

 このまえの木曜日の夜に、アンサンブル部の習慣練習がありました。
 さとみちゃんがマンツーマンで教えてくれて、私は上手く吹けないことを謝りました。
 さとみちゃんは、「まみちゃん、謝らないで」と言いました。
 お父さんのお話を聞かせてもらって、私は、自分が吹かせてもらっているブッシャーのソプラノサックスに、自分の担当のパートに、責任を持てていないから、すぐに謝ってしまうのだと思いました。
 それは、サックスだけじゃなくて、すべての行動がそうなっています。

 お父さんが、リーダーできる人と出来ない人の違いは、経験の仕方の違いだと教えてくださいました。
 全ての野菜を育てた経験がなくても、れいこちゃん、やよいちゃん、まゆちゃんがリーダーをできるのは、普遍性を掴み取る力、資質があるから。
 経験したなかから、本質をみているから、他にも応用ができる。
 目の前の言われたことだけ考えないでやっているだけでは、普遍性を導き出せない。それではいけない。
 1回、経験したことを自分のものに吸収して、本質をみて、なのはなで経験させてもらう作業にも、ダンスにも、楽器にも向かいたいです。