「編集」 ななほ

「編集」ななほ

4月16日 木曜日

・るりこちゃん

 昨日はHPの編集の日でした。今までは声をかけられた時に編集に入るという形だったので、昨日で1人立ちです。
 午前の作業前にのりよちゃんがカメラの割り振りについて教えてくれて、カメラを3人の子に私に行きました。
 竹取り・竹の加工、ニンジンの手入れ。カメラを渡す時、どんな写真が届くのか楽しみになりました。

 そして、午後は絹さやの写真を私が撮らせて頂き、午前に引き続き竹の加工にホウレンソウの草取りです。
 絹さやの手入れでは無事に絹さやの草取りと誘引をし、10畝分全てのビニールを回収し、洗う所まで行いました。
 ユズ畑を出たのが4時7分前だったので、ビニール洗いは5,6枚しか終わらなかったのですが、とてもスムーズで早くて、やりがいを感じました。
 日中は気温が高くて、汗をかいたのですが、丁度、ビニール洗いの水が気持ち良くて、今の時期のビニール洗いは楽しいなと思いました。

 絹さやは『豊成』、『白星』、『うすいエンドウ』と3品種に実がつき、花が満開に咲いています。
 畑に行くと、絹さやの花に見つめられている感じがするし、ずっと見ているとさやの付き方、花の向き、茎の特徴が分かって嬉しくなりました。
 そして迎えた夕方。1人だったのですが、7つのデータの写真をまとめ、厳選取りサイズまで終わらせることができました。

 『桃の霜対策』と『絹さやの手入れ』の写真が自分だったので、選びにくくも感じたのですが、夜にるりこちゃんも一緒に見てくれました。
 水曜日は、るりこちゃんが一緒に編集に入ってくれて、チェックをちさとちゃんがしてくれるということで、すごく心強かったです。
 夕食後から『今日の1コマ』を作り始め、今日は1コマが3つあったのでドキドキしました。
 またインターネットの調子が悪かったり、記事が太鼓の人だったので、少し時間が掛かってしまったのですが、るりこちゃんがずっと横にいて、助けてくれました。

 るりこちゃんの手つきは優しくて、素早くて、るりこちゃんがずっと笑顔で居てくれると安心しました。
 私が編集をしている時も、るりこちゃんが早い方法を教えてくれたり、いっぱい笑ってできた時間が楽しかったです。
 るりこちゃんの作ってくれる空気が温かくて、すごく安心したし、時間を惜しみなくみんなの為、目の前の人の為に使えるるりこちゃんは、本当に優しいなと思いました。
私もるりこちゃんの様にスッと目の前の人に気持を添わせられるようになりたいし、利他 心でどこまでも優しくて、落ち着いていて、ユーモアもあって一緒に居て楽しいるりこちゃんの様になりたいと思いました。

 るりこちゃんと編集に入らせて頂けて嬉しかったし、こんなに素敵なお姉さんと出会えて、一緒に過ごせるのが幸せだなと思います。
 編集に入らせて頂いてから、まえちゃんやのりよちゃんが1から丁寧に教えてくれたり、ちさとちゃんが何度も助けてくれたり、本当にみんなに助けられているなと感じます。
 もっと早くできたらなと思うのですが、るりこちゃんが「私も最初は遅くて、いつも消灯が過ぎちゃったんだよ。」と教えてくれて、これからもっと気持ちも技術も成長していきたいと思いました!

・レベルアップして

 午前はナス・パプリカの畝立てをしました。今年の夏は、石の下畑にナスとパプリカが植わる予定で、今日で畝立てと支柱立てを終わらせる目標で作業を始めました。
 最初、縦竹と横竹を徒歩でグラウンドから石の下まで運び、全身がピリピリする位、竹が重たかったのですが、良い感じにウオーミングアップになって良かったです。
 3、4往復をした後、石の下のライン引きを全員で行い、全12畝のライン引きをし、畑の完成形をイメージできました。

 久しぶりの畝立ては少し緊張していたのですが、すごく力が入って、今までで一番綺麗に、高畝に、真っすぐできました。
 見回りをしていたやよいちゃんに「ななほちゃん、チョー綺麗!」と声をかけてくれて、また元気が出ました。
 畝立てをすると気持ちが正される感じがするし、毎回、畝立てをするごとにレベルアップしている様に感じて嬉しいです。

 思っていた以上に力が入って、持続できて何度もヘルプや畝に入ったり、4人チームで合計4畝を立てることができて嬉しかったです。
 写真を撮っていて、みんなの笑顔や、穴あけドリルで穴をあけていくやよいちゃんの真剣な空気に、改めて「こんな仲間が居てくれるんだ。」とほっこりした気持ちになりました。
 また、ラスト40分でまきちゃんやれいこちゃんと夕の古畑のサツマイモの元肥入れをしたのですが、少人数でも時間内に終わらせることができて達成感を感じました。
 エルフから3人でバケツリレーをし、テミ85杯以上を畑全体に撒きました。

 今回は新しくお父さんが教えて下さった、地面につけての元肥入れは、新しい子でもやりやすく、スムーズにできました。
 実質、25分で夕のこの畑の元肥入れができて、畝立てに加え、元肥入れもどんどんレベルアップしていくのが嬉しかったです。
 また、畑の真ん中に1輪だけ、ポピーの花が咲いていて、古吉野に持ち帰りました。
 以前、なっちゃんがポピーが好きと言っていたなと思って、まだ開き掛けだったのですが、オレンジ色のポピーをプレゼントできて良かったです。

 古吉野に戻るとハナミズキのがくも咲き始めているのを見つけて、母の日に満開に咲いてくれたらなと思いました。

・今日は他にも

 午後はキャベツの手入れをしました。滝川横のキャベツ第2弾のキャベツは、長さ60メートル弱、7畝近くあります。
 最初、キャベツの害虫チェックを20分で行い、とても順調だったのですが、畑の草が多くて、その後の雑草取りで時間が押してしまいました。
 草取りが終わった時は、3時40分になっていたのですが、まだキャベツの追肥・中耕・土寄せ・ネット掛けが残っていました。

 でも少しおやつ休憩をして、その後は全速力で化成肥料と牛肥を1000株のキャベツに追肥し、2人ペアで中耕と土寄せを行いました。
 私はよしみちゃんとペアで作業をしたのですが、草取りから始め、一番最後までずっと一緒で、私が中耕した所から、土寄せをしてくれると、すごくやりがいを感じました。
 普段、追肥や中耕、土寄せに2時間半くらいかかってしまうのですが、みんなの力が合わさると、4時30に作業が終わり、1時間が濃密でした。

 そしてネット掛け。私は作業の中で一番、ネット掛けが好きで、これ以上ない位、力を出し切って、土をかき出し、ネットを掛けました。
 今日はしほちゃんがリーダーで、ひろちゃんがいてくれて心強くて、最後まで一生懸命に、全力で作業ができて良かったです。
 終わった瞬間、どっと疲れを感じたのですが、それと同じくらい、達成感があって、気持ちが上がりました。

 夕方、HPの編集をさせて頂いて、畝立てや支柱立て。ゴボウの畝立てにキャベツの手入れ。
 今日の写真を全てデータを移し、厳選し、リサイズをしました。
 今までは、5時から初めて夕食までに、ギリギリ、リサイズまでが終わる形だったのですが、なんと今日は5時15分にパソコンを開き、5時45分にリサイズが終わりました。
 あと15分あったので、1コマもやってみようかなと思って進めると、なんと6時までに1コマも2つほとんど完成させることができて、本当に嬉しくて、達成感を感じました。
 キャベツのスピード感のお陰かなとも思ったり、少しずつ編集にも慣れてきて、来週も楽しみだなと思います。

 今からソフトバレーです。冷静に、的確な判断をして、楽しくソフトバレーを頑張ります!
 お休みなさい。