「1つ1つに祈る気持ちで」 りな

4月15日

 午前は、ニンジンの蒔き足しの作業に入らせてもらいました。ニンジンは担当野菜だったのでとても嬉しかったです。
 今、第1弾と第2弾は本葉が1枚出ている状態で、ぴよっと生えている形がとても可愛いなあと思います。斜畑手前の1畝目の成長が著しくて、大きいものは本葉が2枚出ていて、双葉よりも大きくなっています。本に、生育初期の成長がこの後の成長を大きく左右させると書いてあり、頑張って伸び
ようとしているニンジンを見ると私まで気張ってしまいました。

 まりのちゃんやれいこちゃんなども作業に入ってくれていて、とても頼もしいなあと思いました。ニンジンの種は、コピー用紙よりも薄っぺらくて風で飛んでいきそうなんだよ、と聞いたことがあったので緊張していたけれど、実際種袋に入っているのは卵のような真ん丸の白い粒でした。
 最初にまりのちゃんが見本を見せてくれました。まずスプーンのへらで少しだけ畝にへこみを作り、その中にスプーン半分ぐらいのもみ殻燻炭を入れます。その上に種を置き、種が隠れるぐらい薄くもみ殻燻炭をかぶせます。最後に乾燥しないように培土をかぶせて完了です。
 もみ殻燻炭や培土を厚くかぶせすぎると深植えになり、芽が出なくなります。へこみが深ければ種が沈んでしまいます。ミリ単位で芽が出るか出ないかが決まるんだと思ったら、とても緊張しました。
 前回種を蒔いたであろう所にもう一度へこみをつけて種まきをします。もみ殻燻炭があった場所は土がふかふかになっていて、お布団のようだと思いました。もみ殻燻炭に種を慎重に置くとき、卵を産み付けているような感じがしてとても楽しかったです。
 1粒まきなので、1つ1つに祈るような気持ちで種まきしていました。絶対に発芽しないとおかしい! と思うぐらい浅植えにしました。
  れいこちゃんが、スピードを速くする方法を教えてくれました。それは、スプーンを持ち替えないで、種も全部スプーンですくうというものです。「種まきのスピードが、発芽するまでの日数に関係するような気がするんです」れいこちゃんが言ってくれました。確かに、テンポよく蒔かれた種は早く発芽してくれそうな気がするなあと思いました。
 スピードも意識しながら、でも繊細に終わらせました。そのあとは、化成肥料を条間にパラパラ蒔き、水やりと草取りに分かれました。土が乾いていたので水やりがとても気持ちよさそうでした。水圧で種が流れないように、タンクの蛇口を半分だけ開き、シャワーのように高いところから水をやりました。
 草取りは、ニンジンを誤って抜かないよう、慎重に慎重に行いました。ニンジンを抜いていないか心臓がドキドキしていたけれど、畝が綺麗になって嬉しかったです。

 レタスの作業もすることが出来ました。第1弾だけ葉っぱの裏が少し茶色っぽくなっていて、これはカリ不足なのだと教えてもらいました。だから、カリの吸収をよくするために、硫酸マグネシウムを追肥しました。
 株間に1つまみをやります。はじめはスピード良くするために、がぼっと手に掴んで配分するように追肥していたけれど、それだとあまり1株の量がつかめなくて、スピードが遅くなりました。でも、1株ずつつまみながら追肥すると、感覚が分かってテンポよくやることが出来て嬉しかったです。
 レタスの第1弾は、このまえの雨で一気に結球したような気がします。また、液肥の効果なのか、葉っぱが肉厚でとても美味しそうです。小さい苗の時のレタスがこんなに大きくなったのかと驚きだし、ここまで立派に成長してたくましいなあと思いました。
 レタスの草取りも進めることが出来て、とても濃い時間だったなあと思いました。

 午後はほうれん草の草取りをしました。1人1畝を担当しました。競争ではなかったけれど、この畝をするのは私しかいないんだと思うとやる気がわいてきました。
 10分間でタイムコールをしてくれて、毎回どこのポールまではいくぞ! と目標を立てました。でも、思ったよりも草が多くて時間がかかりました。とうとう本気になって、手袋をとってかがんで草をとりました。手袋をつけるよりも、素手のほうが草を取りやすい気がしました。大きなものを優先的に、密集して生えているところは指全体を使って抜きました。畝が柔らかく、草が根っこからずぼっと抜けてとても気持ちがよかったです。
 作業が終わったひとがたくさんヘルプに来てくれて、吉畑の2枚の畑を終わらせることができ、さらに竹ペグづくりも出来てとても嬉しかったです。

 ハウスミーティングもとても嬉しかったです。
 私は、やよいちゃんやれいこちゃんやまゆちゃんにとても憧れていて、私も責任感が強くて、決断力があって、勇気のある人になりたいと思っています。でも、私にはそんな才能がないのかなあと思って少し悲しかったです。
 でも、才能が1から5のうち、1だとしても、努力は5出すことはできます。今の精一杯の力を出して、生きていけるようになります。