「マナーを守ること」 よしみ

4月13日

 おはようございます。今日でなのはなに来て3週間が経ちました。毎日みんなと生活させていただく中で、日々気持ちや体の変化を感じています。これからもお父さん、お母さん、みんなから沢山学び沢山吸収していきます。
 今日も外は雨ですが、一日頑張ります。

○魚の食べ方について
 昨夜、2019年の「お父さんに聞いてみよう」を読まさせていただきました。
 その内容の中に、魚の食べ方についての質問がありました。なのはなでは魚料理がよく食卓に出てきます。私は魚料理が大好きで、毎日いろいろな魚料理がいただけて嬉しいです。
 ですが、私は魚の食べ方にずっと悩んでいました。私は魚の皮が大好きで、種類に関係なく全ての皮を食べていました。また、魚の頭も尻尾も丸ごと食べてしまいます。
頭や尻尾、皮を残すことがもったいなく感じてしまい、まわりのみんなやお父さん達は残していても我慢できずに全部食べてしまっていました。
 それがマナー違反だということは薄々気づいていたのですが、どうしても我慢できず、みんなと違う食べ方をしていることが恥ずかしくて、みんなに私の食べ方を見られることが怖くて、魚料理の時は顔を上げることができませんでした。大好きな料理なのに、魚料理の食事が苦手でした。
 そう思っていた時にちょうど「お父さんに聞いてみよう」を読ませていただき、魚を丸ごと食べるのは摂食障害の人の食べ方だということが書かれてあり、これも一種の依存や拘りなんだと気づくことができました。
 このまま食べ方を変えずに自分の拘りを持ち続けていたら、いつまで経っても前に進めません。だから、今日から意識して変えていきます。
 ブリの皮は残すこと、焼き魚や煮魚の頭と尻尾はきちんと残すこと。みんなと同じように食べます。食事のマナーをしっかり頭に覚え込ませます。

○桃のネット作り
 午前の作業で桃のネット作りを初めてさせていただきました。
 ゆいちゃんがネットを縫い、ななほちゃんと私でゆいちゃんの補助をさせていただきました。ネットを縫う時、補助の人がいるだけですごく縫いやすくなるそうで、大切な役割なんだと思うと更に集中力が増しました。
 ゆいちゃんが「すごく良い感じです!とてもやりやすい!ありがとう!!」と何回も言ってくださって、その度にとても嬉しくなりました。誰かの役に立てるってこんなにも嬉しいことなんだと思いました。
 桃を育てる為に必要な作業に入らせていただけて、直接桃の作業にたずさわった訳ではありませんが、なんだか自分も桃を育てる1人になれたみたいで本当に嬉しかったです。

○午後の作業
 午後の作業発表で、私は引き続き桃のネット作りの作業で呼ばれたのですが、午前中の作業の時にかなり寒くて、作業は全く苦しくないのに完全に気持ちが疲れ切ってしまって、違う作業に変えていただくことになりました。寒いという理由で別の作業に変えさせてもらったことがすごく申しわけなくて、そんな甘ったれの自分が情けないです。
 午前中一緒に桃のネット作りをしていた人たちに迷惑をかけてしまいました。

 別の作業に移動させていただき、午後は豆の貯蔵と桃花作りをさせていただきました。
 なのはなでは黒大豆、白大豆、小豆、ササゲを作っていて、それを自家用や嫁用に仕分ける作業でした。立派な豆が沢山あり、これらを全て育てているなのはなファミリーは本当にすごいなと思います。私も今年の豆をみんなと一緒に頑張って育てたいです。

 今日も1日ありがとうございました。

 昨夜お風呂に入っている時、れいこちゃんにニンジンが発芽しているか聞きました。すると、れいこちゃんが「少しずつ確実に成長しているよ!」と笑顔で話してくださいました。れいこちゃんの野菜について話している時の表情がとてもいきいきしていて、野菜の成長を心から喜んでいるように感じました。私もれいこちゃんのようにもっと大切に野菜を育てていきたいです。
 夜のお父さんのお話で、畑の作業方法が新しくなることを聞きました。それにともない、自分が担当する野菜の発表がありました。私はななほちゃんと2人でゴーヤを担当することになります。Bチームの時から私はゴーヤを担当するチームだったので、引き続き頑張ってゴーヤを育てていきたいです。自分の担当野菜が決まると責任感を更に感じ、気が引き締まります。それに、今後の作業で全ての野菜に関わる機会ができるので、様々な野菜に関心が持てるようになるかなと思います。これからの畑作業も楽しみです。

さすがに二日間室内でずっと過ごしていると、早く外で畑作業がしたいなと思います。
明日は晴れるか微妙なところですが、少しでも外で作業できたら嬉しいです。