「卓球大会」 さき

4月12日

〇卓球大会

 日曜日はみんなが楽しみにしている部活動の日。なんと今日は、ソフトボールと合体して卓球大会を開催することになりました。午前中まで何も知らなかったので、サプライズのようで嬉しかったです。
 お父さんとりゅうさんも来てくださり、非常に白熱した面白い大会になりました。
 最初は、ダブルスの試合でお父さんとペアになりました。お父さんと一緒に打てることが今日一番嬉しかったです。
 いつもシングルスなので、ダブルスは難しいなと思いました。試合に熱中していると、次に誰がサーブで誰がレシーブなのか、頭の中が混乱しました。

 試合になると、手と足が思うように動けなくていつも練習しているように打ち返せず悔しかったです。それでも、自分の中で勝ちたいという気持ちが沸き上がってきて、絶対に負けられないと思いました。
 お父さんがサーブを打つとき、合図をしてくださり、レシーブがとてもやりやすかったです。ダブルスだとこのようなチームプレイが大切になってくるので、お互いが助け合うことが勝利の秘訣だと思いました。
 お父さんのアドバイスを聞いて打つと、サーブもレシーブも上手くいって嬉しかったです。私もお父さんのように、もっと頭と体を上手に使い、いいプレイができるようになりたいです。

 そして、団体戦では、お父さん、なおとさん、ちさとちゃん、私の4チームのトーナメント戦が行われました。ダブルス3ペアで、3セットマッチの試合です。
 私は、しほちゃんとペアになり、初戦にお父さんチームと、決勝でなおとさんチームと戦いました。結果チームのみんなのおかげで、1位になることができてとても嬉しかったです。
 その後のエキシビジョンマッチは、りゅうさんと試合をして、回転サーブの上手いりゅうさんのレシーブに戸惑いながらも、面白い試合ができて楽しかったです。

 ちさとちゃんとなおとさんの試合は、見ていてとても勉強になりました。なおとさんのサーブ、ドライブをどうやって返すのか、ちさとちゃんのサーブ、スマッシュをどうかえすのか、2人のプレイから学びました。
 やはり、試合でも全く動じず、冷静に球を返せるのがすごいなと思いました。ここに打ちたいという確かな意志があって、自分の頭と体とラケットを上手に使っていました。

 試合を見ていて思ったのは、卓球部も今日初めてのソフトボール部の人も、今日一日の中でも進化しているのを感じました。試合を始めたときと、最後の試合ではおそらく全員が一段上のプレイができたのではないかと思います。
 私もまだまだ経験者と呼ぶには実力がないので、ちさとちゃんやなおとさんのような上手い人のまねをして、レベルアップしていきたいです。

 またみんなと卓球大会がしたいなと思いました。充実した日曜日の午後を過ごせて嬉しかったです。