4月11日(土)「雨を恵みにできるよう急ピッチで、サトイモの植え付け&トウモロコシの定植」

4月11日のなのはな

P4110212
畑Cチームにとって、新しい野菜が始まる、1つの大きなミッションがありました。 
サトイモの植え付けです。 
第1鉄塔畑の約5アールに800株、斜畑下畑の約0.7アールに80株と、規模大きく育てます。

前日から計画を練り、植え付け方や水やり方法について、 
まりのちゃん、やよいちゃんと話し合いました。 
朝から緊張か、そわそわしました。

午前の作業では植え付け準備として、種芋の用意をしました。 
種芋用として、昨年に収穫したものを使いました。 
土の保湿と雑草防止の目的として、畝の上に敷くための枯れ草も集めました。 
軽トラ3杯分。 
少し足りないかもしれないと思ったけれど、一度、昼食のために古吉野なのはなに戻りました。 

P4110209

午後からは、いよいよ植え付けに入りました。心強いメンバーが集いました。 
植え穴を開けて、芽が上に向くように種芋を置き、約2センチの覆土をしました。 
株間は50センチとりました。 
(芽が出ますように)と、優しく土をかけました。

植え付けを終えた畝から水やりをしました。 
高低差を利用した常設タンクから伸びるホースは3分岐に分かれていて、広くて畝数も多い畑だけど、 
効率良く水やりをすることができました。 
快適な水やりシステムに、これから増える夏野菜の水やりにも希望が持てると感じました。 

P4110216

サトイモのことを調べていて、サトイモは、”水芋”とも呼ばれるくらい、水分が大切な野菜、 
つまり乾燥に弱い野菜だということ知りました。 
芽が出るまでは毎日水やりをして、これから厳しくなる夏場でも水分が切れないようにしたいです。

最後に敷き草をしました。草はほどよく枯れていて、広げやすく、畝にしっかり馴染みました。 
足りないかと心配していた量も、なんとぴったりでした!

今季もサトイモの大豊作を目指します。 
水やりと追肥、土寄せのタイミングを逃さないように、チームのみんなでこまめに見回りをしようと考えています。 
明日は雨予報が出ていました。 
植え付けたばかりのサトイモに、恵みの雨となってくれたらいいなと思います。

(るりこ) 

*** 
河原畑のタマネギの草取りをしました。 
P4110031

P4110032

*** 
梅林奥奥畑のレタスに 
害虫対策のための電気ショックを行ないました。 
P4110195

1
DSCN0018 ●畑Aチーム●

本日、スイートコーン第2弾が定植されました。 
今まで、苗の管理をしてくれた人から、定植する人へとバトンタッチします。 
夏に欠かせない野菜の定植ということで、責任感を持って作業をしました。

まず、株間を四十センチとり、2本のスケールでラインを引きます。 
ラインの真下に手スコで穴を開け、苗を置きます。

そして、いよいよ定植です。 
小さなセルトレイの中から、広大な大地へ放たれる瞬間です。 
定植の諸注意をみかちゃんが教えてくれました。 
私は、培土と並行になるように土をかぶせ、真っ直ぐに植えることを意識しました。

時々自分が植えてきた真横を見ながら、真っ直ぐかどうかをチェックします。 
リーダーのみかちゃんが、「とても真っ直ぐできれいです!」と言ってくれて、嬉しかったです。

DSCN0021

5人で一つひとつ、空気を触るように優しく扱いながら植えていきます。 
この瞬間、だれもが神経を研ぎ澄ませてやっているのを感じました。

チーム作業の1時間で、あっという間に定植と水やりまで終わりました。 
何株あるか数えてみたところ、第1弾は216株、第2弾は207株でした。 
全部でなんと、423株!

もうすでに、畑にこんなにたくさん植わっているのが 
信じられないくらいです。 
今はまだ小さくて、より手入れを慎重にする必要があります。 
定植したてのスイートコーンは、これからこの地で、おおものへと 
生長を遂げていくのだと思うと、ますます楽しみです。

(さき)