「人生の楽しさは」 もえ

4月9日
 
 学生じゃなくなった時から身体を好んで動かすことはしなくなりました。けれど、なのはなに来て最初は嫌々だったけれど身体を動かしてみたら、昔、陸上部をいじめられて止めるまでは運動好きだったよな、と思い出しました。体力がまだ全然戻ってないけれど、みんなのペースにジョギングがついていけるくらい、昔くらい走れるようになりたいと思いました。本来の自分って、こういう感じだったかもと思いました。
 大人になってから、運動も、景色が奇麗だと思うことも、何かを作ることも、利益を生まないものは全部無駄だと思って切り捨ててきました。だけど、私が無駄だと切り捨てて来たものの中に人生の楽しさはあったんだろうなと思いました。マウントを取ったり取られたりすることにばかりずっと意識がいっていました。今はまだそういうことを気にしてしまうけど、マウントを気にしない穏やかな世界で生きられるようにしていきたいです。 ハウスミーティングやお父さんの今日の話をお聞きして、バランスの取れた選択、行動のとれる人間に将来はなりたいと思いました。
 1年半あるのだから、意識はしつつも流れに身を任せて、自己否定と原因探しを止めて楽しむことを感じて行きたいです。薬に頼らない生活が絶対できるようになりたいです。